大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

海外留学生レポート/英語圏

2017年01月07日

【オーストラリア】グリフィス大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 こんにちは。オーストラリアのグリフィス大学に留学中の国際関係学部国際関係学科3年の安東謙佑です。僕がオーストラリアに来て約5か月が過ぎました。留学する直前は、仲の良い友達との別れや、本当に自分はオーストラリアでやっていけるのか?という不安から、正直、留学したくないなという気持ちがありました。しかし、いざオーストラリアに来てみたら、不思議とその不安は、これからの期待とやる気に変わっていきました。

 

 さて、僕の通っている学校はグリフィス大学附属の語学学校で、僕のように英語の勉強のために通っている人は珍しく、多くの人はグリフィス大学への進学を目的に通っています。そのため、意識の高い生徒が多く、良い環境で勉強できているなと感じています。また、クラスは文法やリスニングやリーディングやスピーキングなどの基礎的な英語を学ぶGE(General English)1,2,3,4,それよりレベルの高い英語を学ぶEAP1,2,3,IELTSの勉強をする、ETP、そして大学進学の準備コースであるDEPというクラスです。そして、僕のクラスはGE4です。当たり前のことですが、日本では日本語で英語を学んでいたので、英語で英語を教わっているだけで、とても楽しいです。また、日本では教えてくれない目から鱗の情報ばかりで、それを聞き逃すまいと授業に向き合っていると、集中しようと思わなくても、気づいたら、授業に集中できています。おかげで今、僕は人生で初めて勉強が楽しいと思えています。こう思えるだけで、留学してよかったなと感じています。

 

 土日の休みの日は図書館に行って勉強したり、中国人の友達の家でお酒を飲みながら、いろんな話をしています。男友達だけで集まると毎回、恋愛の話になるのですが、これがとても面白いです。国籍が違えば、恋愛に対する考え方も違うので、お互いの国の恋愛について、必死に説明しあいます。恋愛について説明するのはとても難しいのですが、会話の練習になるし、お互いの文化を知るきっかけにもなるので、楽しみながらも良い勉強ができているなと感じています。

 そして、オーストラリアは今夏なので、週末は必ずビーチに行っています。ゴールドコーストの海はとても綺麗で、見ているだけでも癒されます。なので、一週間の勉強の疲れを癒すためにビーチに行きます。

 

 僕の留学生活もあっという間に半分が過ぎました。しかし、まだまだ満足のいく英語力が身についていません。もう一度、自分の留学の目的や留学に来たばかりの時の気持ちを思い出して、残り半分頑張りたいと思います。

Surfers Paradise Surfers Paradise
クラスメイトとの食事 クラスメイトとの食事
このページのTOPへこのページのTOPへ