大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

海外留学生レポート/英語圏

2017年01月13日

【アメリカ】ウエスタンミシガン大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 こんにちは。アメリカのウエスタンミシガン大学に5月から留学している外国語学部日本語学科の濱岡佑帆です。

 

  春学期からは大学の授業を受講しますが、それ以前の約8か月間はCELCISという大学付属の語学学校に通っていました。CELCISでは毎学期末にFINAL EXAMがあり、スピーキング・リスニングの授業はプレゼンテーション、グラマー・コミュニケーションの授業はエッセイ、リーディング・ライティングの授業はサマリーのテストが基本です。インストラクターによってはリーディング・ライティングでリサーチペーパーが課題になることもあり、私は2枚ほど書きました。クラスのレベルにより細かくルールが決められていて、1番上のAdvanced ではプレゼンテーションは5分以上などいろいろあります。1番のポイントはそれらのテストを各担当のインストラクターがグレードをつけるのではなく、他の数名のインストラクターが採点、グレードを判断するところです。誰が採点するのかわからないので、決して手は抜けません。これらのFINALをパスすると大学に進むことができます。

 

  冬休みの間は寮などは完全に閉まってしまいます。私はアパートメントに住んでいるので大丈夫でしたが、そうでない留学生のほとんどは旅行に行くか、唯一開いている遠い寮に移動することになります。クリスマスシーズンはカラマズーにいたので毎日友人の家で映画を見たり、ご飯を食べたりしていました。特にクリスマスパーティーは留学生、ネイティブスピーカー関係なく大勢の人が集まり楽しかったです。

クラスメートとインストラクター クラスメートとインストラクター
クリスマスパーティ クリスマスパーティ
このページのTOPへこのページのTOPへ