大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

海外留学生レポート/英語圏

2017年02月06日

【アメリカ】北マリアナ大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 こんにちは。2016年8月からサイパンにあるNorthern Marianas College(NMC)に通っている外国語学部英語学科3年の菊池です。こちらに来てから6ヶ月が経ちました。冬休みも明け新しい学期が始まったので、今回は新しい授業のこと、冬休み中のイベントについてお話しします。

 

<授業 ELI>

 入学時はNMCの語学学校(ELI)の一番下のクラスから始まりました。レベルがやさしいクラスにもかかわらず、留学に行くまで話すという勉強を避けてきたせいか、初めはとても苦労しました。いろいろなものをなんとか乗り越え、秋学期の終わりにクラス分けのテストを受け、今学期は一番上のクラスを取っています。ELIのクラスはレベルが上がるにつれ1つ1つの単位数が少なくなるため、余った単位を使い大学のコースをとることができます。私は英語のクラス2つEN92(Speaking & Listening)、EN95(Writing)に加え、友達と一緒に体を動かしたかったのでPE(バレーボール)と、前から興味があったCollege Successという授業を取りました。ENのクラスではエッセイの書き方や、聞き手に関心を持たせるプレゼンテーションの仕方などを学んでいます。College Successの授業内容は、大学生活をいかに充実したものにするか、いかに自分の殻を破るかということについて学ぶものです。まだ始まったばかりですが、どのクラスも今まで知らなかった意見や考え方を知ることができとてもためになります。

 

<冬休み中のイベント>

 私は冬休み中に旅行などは行かずまるまるサイパンで過ごしました。アメリカというだけあってクリスマスシーズンになると町中がイルミネーションやツリーで飾られ、町がとても賑わっていました。どの国もクリスマスは家族と過ごすことが多いのか、インターナショナルの生徒にみんな母国に帰ったので、チャモロの友達にお願いしてクリスマスパーティに参加させてもらいました。ターキーに加え、サイパンらしく地元の魚やヤシガニなど豪華な食事が並んでいました。大晦日の年越しも友達の家のパーティに参加し、家族、親戚が集まり計30人以上で過ごしました。サイパンの年越しは0時ぴったりに島中が一斉に花火を打ち上げるので(私も喜んで打ち上げました)、数分間の間、島が昼間のように明るくなりました。サイパンののんびりとした雰囲気の中で温厚な人柄のチャモロの人たちと過ごした時間は本当に居心地がよく、地元の昔話なども聞けてとても貴重な経験をすることができました。

このページのTOPへこのページのTOPへ