大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

海外留学生レポート/英語圏

2017年09月28日

【オーストラリア】グリフィス大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 

 こんにちは。ただいま、オーストラリアのクイーンズランド州にある、Griffith Universityに留学している、国際関係学科3年の西村航輝です。早いもので、オーストラリアに来てから約6ヶ月が経ちました。今回は学校システムと休日の過ごし方について話したいと思います。

 

≪学校について≫

 私が通っている語学学校では、クラスが7つあってDEP1~7となっています。1~4までのクラスは一般英語を中心に勉強していきます。5~7までのクラスはアカデミック英語を中心に勉強していきます。大学に進学するためには、二つの方法があります。一つ目の方法は、IELTSを6.0以上とることです。しかし、これは専攻する学科によって違います。例えば、看護でしたらIELTSのスコアは7.0必要とされています。もう一つの方法は、DEP7を卒業することです。DEP7を卒業すれば、IELTSのスコアなしで大学に進学することができるので、多くの学生がこのような形をとっています。しかし、DEP7は最低でも10週通わないといけないことになっております。DEP7を卒業することは、簡単ではありません。実際、一年も学校にいるのに未だに卒業できていない人もいます。私は、今DEP6のクラスで授業を受けていますが、あと3か月しか留学生活が残っていないので、大学の方にもいけず、またDEP7にも行けないのでDEP6に留まることになっております。もっと、計画的に留学生活を送っていれば大学の方にも進学できたので後悔しております。私のようなケースの学生は結構いますので、後悔しないように計画的に留学生活を送ってほしいです。

 

 

≪休日の過ごし方≫

 普段の休日の過ごし方は、ゴールドコーストはビーチで有名ですので、ビーチに行くことをおすすめします。大きい休みになると、旅行をすることをおすすめします。私は休みの日を利用してメルボルンに行きました。メルボルンはゴールドコーストとは全く違って、現代的な建物と伝統的な建物が混じっていてとても素敵でした。学校の先生が安くチケットを取る方法を教えてくれたので、片道$79で行くことができました。せっかくオーストラリアに来ているので、いろいろな場所に観光行くことをおすすめします。

 

 

このページのTOPへこのページのTOPへ