大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/英語圏

2018年06月21日

【オーストラリア】グリフィス大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 こんにちは。経済学部社会経済学科4年の中村俊介です。私は現在オーストラリアにあるグリフィス大学の語学学校に通っています。5月に入ってから少しずつ寒さを感じはじめ、6月の現在では日中暖かくても夜は長袖長ズボンでないと寒いです。今回は現在までの留学生活についてご報告したいと思います。

 

 

<生活と学校>
 オーストラリアに来て最初の1カ月目はホームステイでした(朝夜飯の1日2食付き)。朝ごはん(シリアルかマフィン)は各自で、夜ご飯は夕方6時頃にみんなで食べるというような感じでした。到着初日は夜ご飯の量が多すぎて気持ち悪くなったので、食後に次の日から量を減らしてもらえるように頼みました。
 ホームステイでの生活は悪くありませんでしたが、コストや自由度を考えシェアハウスを探しました。使用したサイトは日豪プレス、フラットメイト、ガムツリーという3つのサイトです。どのサイトを使うにも、家を探す上で必ず見学には行った方が良いです。実際にいくつかの家の見学に行きましたが、ネットに載せていた写真と全然違う家がありました。私は現在学校まで約10分の場所にあるシェアハウスに住んでいて家賃として週160ドル払っています。
 学校についてですが、2月と3月は日本人がとても多かったです。4月頃から落ち着きましたが、現在の国籍割合は中国人が最も多く2番目に日本人が多いと思います。また、日本人留学生が増える時期は日本語が授業中に聞こえることが多かったですが、現在では授業中に中国語がよく聞こえます。一応、授業中の母国語は禁止でペナルティはありますがかなり緩いです。学校の授業が終わると基本的に帰宅時は皆それぞれの国籍同士で帰って行きます。その為、たまにパーティーをしますが、学校の友達と外で遊ぶという機会は多くないです。なので、私は外部で行われている外国人交流会に週3、4回参加しています。参加する交流会は全て違いますが、中には一つお題が出されてそれについてディスカッションするようなものもあります。分からない時は優しく解説してくれるので参加しやすい上に、色々な国籍の人と沢山自由に話す事が出来るので勉強した英語を使う良い機会にもなります。

 

 

<最後に>
 グリフィス大学付属語学学校はお昼頃に授業が終わります。ただ学校に行って学校内で友達と話すだけでは1日の中少ししか英語を使ってコミュニケーションをとる事が出来ないと思います。そのため、いかに自分自身で行動出来るかが大事だと思います。外部のコミュニティに参加したり、クラブに行ったり、バーに行ったり、アルバイトをしたり、日本人がいない住環境にしてみたり等方法はいくらでもあります。学校外で出会った人から現地のイベント情報や面白そうなコミュニティを教えてもらえる時もあるのでお勧めです。

 

 

写真2枚は中国人の友達が住んでいるマンションの屋上でパーティーした時で、一枚はコモンウェルスゲーム関連のフリーコンサートに行った時の写真です。

このページのTOPへこのページのTOPへ