大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/英語圏

2019年11月05日

【イギリス】セントラルランカシャー大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

皆さん、こんにちは。今年の9月から、イギリスのプレストンにあるセントラルランカシャー大学のIBC学部に交換留学しております、外国語学部英語学科3年の我有航汰です。留学期間は来年の5月末までのおおよそ9ヶ月間です。イギリスに再びやって来てから約1ヶ月半が経過しました。留学生活にも慣れ、楽しい日々を送っています。今回は、僕の日常生活と学校生活そして日帰りの旅行に行ったのでそれについて書きます。少しでも留学をしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

 

 

まず、日常生活ですが、皆さんの多くはイギリスについてどのようなイメージを持っていますか?食べ物が美味しくないなどのイメージを持っている方も多いと思いますが、実際まずいということはあまりありません。今、僕は、Roeburn Hallsという学生寮で生活しています。共有スペースにはビリヤード台とゲーム機があります。日本では考えられないですね。同じフラットに他に5人が住んでいますが、とても親切な方々で楽しく過ごせています。最も不便に感じたのは郵便です。再配達を依頼した日に来ないなんてことが普通にあります。何度も何度も問い合わせをし、なんとか受け取ることが出来ました。気候については、日本に比べると寒いです。ヒートテックがあるとかなり便利だと感じています。また、雨もよく降るので傘を持ち歩くことが多いです。日本に比べるとやはり生活環境面では劣ると思います。

 

 

次は、学校生活です。授業が始まる前の週はwelcome weekと呼ばれるイベントがあり、多くの人と知り合いました。中には日本人も居ました。その中に学部の学生は居なかったので心の中で、「あれ?もしかしてIBCは僕1人なのか?」と不安になりました。イベントの内容はピザの無料配布や交流会、ダンスパーティーなど楽しいものが多く盛り上がっていました。驚くことに、学内では中国語で話しかけられる事が何度かありました。確かにアジア系は見分けが難しいのは分かりますが、そんなに中国人に見えるのか?と驚いています。先日カフェの店員にまで「中国人だよね?これなんて書いてあるの?」と尋ねられたときは「またかー」と内心思ってしまいました。授業の内容については次回の留学体験記で話したいと思います。

 

 

最後に日帰り旅行についてです。Warwick castleとStratfordへ行きました。まずは大学を出てバスに乗ることおおよそ3時間でWarwick castleに到着します。昔使われていたお城、その周辺の庭園を見て回りました。当日は天気も良くきれいな景色が見られました。また、ホラーショーを見る時間もありましたが、ナレーションの話している事が半分程度しか分からないので、いまいち話の内容はよく分からないところもありました。このショーでは実際に城の地下の部屋を移動しながら行われました。次にStratfordへ行きました。この町はシェイクスピアが実際に生まれた家やハリーポッターの映画に登場する建物がある町です。1日だけでしたが、とても充実した時間を過ごせました。また、この旅行でIBCに留学中の日本人3人と知り合うことが出来ました。

 

 

ここまで読んで下さった方々、ありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。では、またお会いしましょう。

Warwick Castle Warwick Castle
シェイクスピアの生まれた家 シェイクスピアの生まれた家
このページのTOPへこのページのTOPへ