大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

海外留学生レポート/アジア・ヨーロッパ圏

2016年12月07日

【フィンランド】タンペレ大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

Moro!

 

文学部 英米文学科 3年 新井利奈です。

 

8月に日本を出発してから、5ヶ月が経過しました。留学生活にも慣れ、トラブルを楽しむ余裕が出てきました。

 

大学生活について

授業のスタイルにも慣れ、毎回提出のある課題に追われる日々です。しかし、4つあるピリオドのうち2つを終えて後半2つは前半よりも授業数を増やすことはもちろん、内容の難しい専門的なものに挑戦をしようと考えています。出来るだけ無理のない範囲内で多くの負担を自分に課すことで限界突破をしていきたいです。来年の6月に帰国するときには達成感を感じられる留学生活にできるよう精進していきたいです。同じ留学の多国籍な友人たちと共に大学生としての生活を楽しんでいます。

 

日常生活について

10月は友人たちと共にスウェーデンのストックホルムにフェリーで旅行しました。私の訪れたOld town と呼ばれるガムラスタンという街は、映画「魔女の宅急便」のモデルになったことで有名な街です。12月上旬にはロンドンに6日間旅行に行く予定です。フィンランドの文化だけではなく出来るだけ多くの国を訪れ、自分自身の目で見て、耳で感じて、体で体験をして異文化を自らの体で感じたいと考えています。また、11月からフィンランドでは雪が積りかなり寒くなってきました。日照時間も極端に短くなり、精神的にかなりつらい月でもありました。12月に入った今月は-10℃を越える日も出てきましたが、11月に比べ晴れの日が増え、クリスマスムードも手伝ってか過ごしやすくなったように感じます。

 

スウェーデン ストックホルムの街並み スウェーデン ストックホルムの街並み
アパートでの国際交流 アパートでの国際交流
フィンランド人と美術館にて フィンランド人と美術館にて
このページのTOPへこのページのTOPへ