大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

海外留学生レポート/アジア・ヨーロッパ圏

2016年12月10日

【ドイツ】トリアー大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 みなさんこんにちは、現在ドイツ、トリアー大学に留学している濱中圭一です。

 

 最初は長く感じた留学生活もあと2ヶ月となり、現在は今まで行っていなかった場所やドイツでできた友達と思い出作りをしています。この留学レポートを書くのももう最後なので、今回は留学生活が自分にどう自分に影響したかを書きたいと思います。

 

 留学生活で良かったと思うことは、ドイツ語学習はもちろんですが、1番はやはりドイツで新しい友達ができたことです。自分はドイツで日本語を勉強している学生と主にキャンパスライフを送っていたので、ドイツ語を学ぶモチベーションや継続につながりました。また、日本語を勉強していて日本への留学も決まっている人もいるので、その時また会えることも大きいと思っています。

 勉強の面でも、近くにドイツ人がいるのでわからないところもすぐに聞けて、口語表現もたくさん学べます。またドイツ語は英語と喋り方も似ているので、ドイツ語だけでなく、自然と英語の会話も出来るようになるところも大きいと思います。

 

 トリア大学では比較的日本人がドイツ語を勉強する環境が整っているので、ドイツ語やドイツについて興味関心がある人は、本トリア大学への留学を強くお勧めします。自分もまだ2ヶ月留学生活が残っているので後悔の残らないように生活していきたいです。

このページのTOPへこのページのTOPへ