大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

海外危機管理

危険情報・注意喚起一覧

海外危機管理に戻る

主に本学の学生が留学している地域の危険情報・注意喚起を掲載しています。

帰国者に「デング熱」増加注意呼びかけ(2010年7月20日)

海外からの帰国者に「デング熱」の感染者が増えており、今年も7月15日時点ですでに64人の感染者が確認されています。死亡するケースもあるだけに、夏の海外旅行シーズンを前に厚生労働省では注意を呼びかけています。

デング熱は、デングウイルスを持つ蚊を媒介して感染します。2~15日の潜伏期間を経ての急な発熱が特徴で、その後、38~40度の高熱が5~7日間続き、激しい頭痛や関節痛なども伴います。まれに、皮下や歯ぐきから出血するデング出血熱を発症し、最悪の場合、死亡するケースもあります。大人よりも子供の方が発症することが多く、特に注意が必要です。ワクチンや治療薬はなく、「蚊に刺されないようにすることが唯一の予防策」となります。

流行がみられるのはアジアや中南米、アフリカなど熱帯・亜熱帯地域。世界では毎年約5千万人が発症し、帰国者の感染報告が増加している理由は、世界的に感染地域が広がっているためとみられます。今年は特にインドネシア(バリ島など)からの帰国者に感染が多いといわれています。

北米地域のウェストナイル熱に注意(2010年7月16日)

1.ウエストナイル熱・脳炎感染者の報告

ウエストナイルウイルスは1937年にウガンダで初めて確認された後、アフリカ、西アジア、中東、ヨーロッパ等で感染者が確認されています。1999年に米国ニューヨーク市周辺でウエストナイル熱の流行が報告されて以来、毎年蚊の活動が活発になる7月から年末にかけて主に米国、カナダなど北米地域でウエストナイル熱・脳炎感染者が報告されています。米国疾病管理予防センター(CDC)によれば、2010年7月14日現在、米国内で4人のウエストナイルウイルス感染者(死亡者0人)が確認されており,ミシシッピー州で脳炎患者が報告されています。州別の感染状況は以下のとおりです。最新の感染者数等については、CDCのホームページ別ウインドウで開きますにて御確認ください。

  • ジョージア州   2人
  • ミシシッピー州  1人
  • ノースダコタ州  1人

また、7月14日現在、カナダにおいては、感染は確認されておりませんが、今後感染者が発生する可能性がありますので、最新情報については、カナダ公衆衛生庁のホームページ別ウインドウで開きますにて御確認ください。

2.ウエストナイルウイルスについて
(1)感染源

ウエストナイルウイルスはウイルスを保有する蚊(イエカ、ヤブカなど)に刺されることで感染します。ヒトからヒトへの感染や、感染した患者から感染が拡大することはありません。

(2)症状

ウエストナイルウイルスに感染し発症した状態がウエストナイル熱といわれるものです。発症するのは2割程度(潜伏期間は通常2~6日)で8割の人は無症状です。発熱(39度以上)、頭痛、筋肉痛、時に発疹、リンパ節の腫れなどの症状が3~6日ほどみられますが、通常は1週間程度で回復します。また、ウイルスが脳に感染して更に重篤な状態となるのがウエストナイル脳炎で、激しい頭痛、意識障害、痙攣、筋力低下、麻痺などの症状が数週間続き、後遺症が残ることもあります。ウエストナイル脳炎を発症するのはウエストナイル熱感染者の約1%と言われています。また、重篤な患者は主に高齢者にみられ、重症患者の3~15%が死亡すると言われています。これまで、日本においては2005年にウエストナイル熱の輸入症例が1件発生しましたが、国内感染の報告はありません。

(3)治療・予防方法

現在のところ、ウエストナイルウイルスに対するワクチンはありません。また、ウエストナイル熱やウエストナイル脳炎に対する特効薬もなく、症状を軽減するための対症療法が中心となっています。蚊に刺されないようにすることが最大の予防策です。戸外に出るときは、虫よけスプレーを使用したり、できる限り長袖、長ズボンを着用するようお勧めします。

タイの非常事態宣言の延長に伴う注意喚起(2010年7月8日)

タイの非常事態宣言の延長等に伴う注意喚起

タイ政府は,反独裁民主戦線(UDD)の反政府抗議活動により,4月7日以降7月7日までの期限で,バンコク都等を対象として非常事態宣言を発令していましたが,7月6日,その対象地域をそれまでの24都県から以下の19都県に縮小して,同日から3か月間有効期間を延長することを決定しました。

【非常事態宣言対象都県】

バンコク都,ノンタブリー県,サムットプラカーン県,パトゥムタニー県,アユタヤ県,チョンブリー県,チェンマイ県,チェンライ県,ランパーン県,コンケン県,ウドンタニ県,チャイヤプーム県,ナコンラチャシーマー県,ウボンラチャタニ県,マハーサラカム県,ロイエット県,ノンブアラムプー県,サコンナコン県及びムクダハン県>

つきましては,同地域に渡航・滞在を予定されている方は,報道等から最新の治安情報を入手し,不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

米国南部、中米及びカリブ地域のハリケーンに対する注意喚起(2010年7月2日)

米国南部、中米及びカリブ地域では、毎年6月から11月までがハリケーン・シーズンです。2005年にはカトリーナ及びリタといった大型ハリケーンが米国南部に上陸し、大きな被害をもたらしました。

本年につきましては、6月30日、メキシコ湾岸で発生したものとしては本シーズン最初のものであるハリケーン・アレックスがメキシコ北部に上陸しましたが、その後、勢力を弱めながらメキシコ北部を西に移動する見通しです。

つきましては、ハリケーン被害を受ける可能性がある米国南部、中米及びカリブ地域に渡航・滞在を予定されている方は、下記ウェブサイト等より最新のハリケーン情報の入手に努め、ハリケーン襲来が予想される場合には、渡航及び滞在の安全性を確認してください。また、滞在されている方は、ハリケーン被害に備え懐中電灯・ラジオ等を手元に置いておくほか、飲料水・食料を備蓄するとともに、必要な場合には安全な場所に退避する等の安全対策についてあらかじめ確認しておいてください。

また、万一、ハリケーンに巻き込まれた場合には、警報等に従い,安全確保に努めるとともに、御自身の安全等の状況について日本の留守家族及び最寄りの日本大使館(又は総領事館)に連絡してください。

参考

ハリケーン関連情報が入手可能なウェブサイト

上海万博開催中の注意喚起(2010年5月1日)

上海市では、5月1日から10月31日までの半年間、上海万博が開催されます。上海市によれば、上海万博期間中の来訪者数は7千万人以上と見込まれており、中国当局は、不測の事態を避けるため、万博会場はもちろんのこと、空港や地下鉄、高速道路等においても厳重な警備体制を敷き、セキュリティ対策を強化しています。その一方で、多くの来訪者を狙った犯罪もまた増加することが懸念されます。

つきましては、この期間に上海へ渡航・滞在される方は、中国における入出国及び滞在のための手続きを確認するほか、滞在中は不測の事態に巻き込まれることのないよう、在上海日本国総領事館ホームページを参照しつつ、「渡航情報」や「総領事館からのお知らせ」及び報道等から最新の治安関連情報の入手に努め、安全確保に十分注意してください。

なお上海市では、日本語や英語等の外国語に対応した24時間のホットラインが開設されていますので、参考にしてください。

上海万博に関する問い合わせや苦情など

「962010」(海外の携帯等からの場合:+86-21-962010)

上海市内滞在中の電話通訳サービスなど

「962288」(海外の携帯等からの場合:+86-21-962288)

ワーキング・ホリデー制度による渡航者へのご注意

休学中にワーキング・ホリデー制度を利用して海外渡航を考えている方への注意喚起です。

ワーキング・ホリデー制度を利用して海外に渡航される方々が事件・事故に遭うケースが大変増えています。ワーキング・ホリデー査証(ビザ)は、1年という比較的長い滞在期間中に就学や就業を行いながら国際経験を積むことができる便利な査証制度であり、これを利用して海外に渡航する若年層の方は年々増えています。反面、滞在期間が長いこと、他のビザと比べて行動の幅が広いことなどから、短期の海外旅行と比べ、トラブルに遭う機会が必然的に多くなっているのが現実です。

滞在中のトラブルを回避するためには、渡航前の十分な情報収集。そして、滞在中いくら生活に慣れたといっても、常に意識を「海外モード」にして、安全面には最大限の注意を払うこと。それが、皆さんが描いた渡航目的を実現し、有意義なワーキング・ホリデーを送るための基本です。

なお、ワーキング・ホリデー制度での渡航を考えている方は、「社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会」をご利用されることをおすすめします。同協会が開催するガイダンズやオリエンテーション、また、発行する冊子には、渡航・滞在に必要な安全知識の習得に役立つ内容が盛り込まれています。

  • 国際交流センタ―公認facebook
  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ