大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

国際交流センターからのお知らせ

2016年11月15日

2016年度アモイ大学中国語研修(中国・春)募集説明会のお知らせ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

2016年度春の中国語語学研修が、本学協定校のアモイ大学で実施されます。

(本プログラムは奨学金3万円支給対象プログラムです。)

板橋・東松山の両キャンパスで説明会を行いますので、興味がある方は是非参加してください。

 

【東松山】

日 時: 11月24日(木) 12:35~13:05
場 所: 東松山キャンパス 4-0203教室
備 考: 昼食持込可

 

【板橋】

日 時: 11月25日(金) 12:35~13:05
場 所: 板橋キャンパス 1-419教室
備 考: 昼食持込可

 

アモイ大学のある厦門(アモイ)市は、中国経済特区のひとつとして、著しい発展を遂げている都市のひとつです。

アモイの対岸には台湾があり、気候がとても温暖です。

廈門(アモイ)は、1842年のアヘン戦争の敗北によって、列強に開放させられた港のひとつとしても知られていて、19世紀から20世紀初頭にかけて、街の沖合にある「コロンス島」に、イギリス租界や共同租界が設置されていました。そのため、コロンス島には今でも当時の洋館が多く残されています。

今回のプログラムにも、このコロンス島の観光があります。

また、今回のプログラムのもう一つの観光である、永定土楼(客家土楼)は、3世紀、異民族の侵入に追われ南下し続けた客家の人々が、安住のために築き上げた要塞のような城壁に囲まれた建築物です。

土楼の外観は、強固なイメージですが、一歩中に入ると、現在でも伝統的な生活スタイルを貫く人々が生活しています。

永定の土楼は、山の中に点在しています。

また、プログラムの内容が語学だけではなく、中国武術や楽器鑑賞などの体験もできます。

そして、全日程、中国語学科教員の引率が付くので、安心して出発していただくことができます。

このページのTOPへこのページのTOPへ