大東文化学園 学園総合情報センター大東文化大学 学園総合情報センター

メニュー

学園総合情報センター メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese

情報実習教室

研究室・VPN接続での課題解答の回収

前のページに戻る

自宅や研究室から課題を配布及び解答を回収する方法を説明します。

 

はじめに

ここでは、LANの利用できる研究室や情報コンセントのある教室、実習教室で個人のパソコン(Windows Vista/7/8)から情報実習教室(Windows)のネットワークドライブのZとYドライブを利用する方法を説明いたします。 (OSのバーションにより操作方法が若干異なりますが、ご了承ください。)

 

 

ネットワークドライブへの接続

LANで接続をされる方は、「情報コンセント利用案内(個人研究室での利用)」を参照して、LANカードと情報コンセントの接続が可能な方を対象とします。

ネットワークドライブに接続するには
  • 【コマンドプロンプトでネットワークドライブに接続】はこちらへ。
  • 【Windows 8でネットワークドライブに接続】はこちらへ。
  • 【Windows Vista/7でネットワークドライブに接続】はこちらへ。

 

コマンドプロンプトでネットワークドライブに接続

[スタート] → [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前]欄に、半角英数字で cmd と入力し、[OK] をクリックします。
※あるいは[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]をクリックします。

 

コマンドの入力

コマンドプロンプト画面が起動したら、以下のコマンドを入力します。

「Yドライブに接続する場合」
net use y: ¥¥

「Zドライブに接続する場合」
net use z: ¥¥

¥¥の後に、該当するサーバー名を入力して、Enterキーを押します。

ここでは板橋のYドライブおよび2016年度以降のWindows、2015年以前のWindows、Linuxの個人データ領域へ接続する方法を説明します。サーバー名は、校舎別・ネットワークドライブ名別に下の表を参考にしてください。

※各校舎個人データ領域(ここではZ)接続時には必ず「ユーザID」を入力してください。
ユーザID:

  • 学生・・・s(小文字)+学籍番号 (例:01012345→s01012345)
    ¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥s01012345
  • 教職員・・・t(小文字)+教職員番号 (例012345→t012345)
    ¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home¥t012345
校舎名 Yドライブ Zドライブ
板橋 ¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥y ¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home(ユーザーID)
東松山 ¥¥h-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥y ¥¥h-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥home(ユーザーID)
  • その他の個人データ領域への接続はこちらをご覧ください。

すると下記のようなメッセージが表示されます。
「¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥yのパスワードまたはユーザー名が無効です。
¥¥i-cfs.edu.ic.daito.ac.jp¥yのパスワードを入力してください。」

ここで、情報実習教室で使用しているパスワードを入力します。

※入力するパスワードは画面上に表示されません。また、二回目以降の接続の場合はパスワードの入力は求められません。

接続に成功すると、「コマンドは正常に完了しました。」というメッセージが表示されます。

 

ネットワークドライブを開く

[スタート] → [マイコンピュータ] から、接続したネットワークドライブのアイコンを探して開きます。

 

 

 

 

ネットワークドライブ (Z, Y) の切断方法

[スタート] → [マイコンピュータ] を開きます。
接続したネットワークドライブのアイコンを探し、アイコンの上で右クリック、 [切断] をクリックします。

 

 

 

 

 

 

接続に失敗した場合の手順

上記の手順で接続できなかった方は、次の手順に添ってlmhostsというファイルを作成してみましょう。
右図のように半角英数字で「メモ帳」等を利用して入力してください。入力が完了したら、ファイルを保存します。
保存が完了したら、コンピュータを再起動します。

 

 

このページのTOPへこのページのTOPへ