大東文化学園 学園総合情報センター大東文化大学 学園総合情報センター

メニュー

学園総合情報センター メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese

ネットワーク

インターネット利用の手引き

前のページに戻る

stドメイン

大東文化大学では以下のようなサービスを所属する全ての学生・教職員に提供しています。

大東のメールアドレスが利用できます

大東に届いたメールを他のアドレスに転送

これらのサービスをまとめて、stドメインのサービスと呼んでいます。
※教職員の方は教職員向けのicドメインのサービスについても参照して下さい。

利用開始手順

stドメインサービスを利用するには、ユーザ名とパスワードが必要になります。

 

ユーザ名は、

  • 学生:学籍番号の先頭に s を付加したもの(例: 01012345 → s01012345) 
  • 教職員:職員番号の先頭に t を付加したもの(例: 012345 → t012345) 

となっています。

 

パスワードは、初期パスワードを取得し、その初期パスワードを自分で考えたパスワードに変更してから利用して頂く必要があります。学生証か職員証を持参の上 で情報センター事務室にて初期パスワードを取得してください(職員証の発行を受けていない教職員の方は職員番号と大東職員であることを証明できるものを持参のうえお越しください)。

 

初期パスワードの変更は以下のいずれかの方法で行ってください。

情報実習教室のパソコンで変更する。
Webページ上で変更する

ご注意

このパスワードは電子メールや電子シラバス等の学内の各種サービスを利用するために必要です。他人に知られてしまうと損害を受ける場合がありますのでパスワードの管理は厳重にしてください。

icドメイン

大東文化大学では、学生及び教職員が利用可能な、「stドメイン」サービス以外に、教職員向けの「icドメイン」のサービスも行っています。
ここでは、「icドメイン」について説明します。

※電子シラバスやパソコン教室の利用は、icドメインではなく、st ドメインのサービスとなります。

申請

icドメインでは、電子メール、Webページ公開、といったサービスを受けることが可能ですが、利用の前に後述する申請書により申請を行なって頂く必要があります。

 

学生の方には icドメインよりも 2001年度より始まったstドメインを利用することをお勧めします。stドメインのサービス内容はicドメイン以上であり、かつアカウント取得のための申請が不要です。

 

stドメインでは教員も学生もあらかじめ決まったアカウント名( 電子メールアドレスになります )を利用して頂くことになりますが、icドメインでは教員の方は自由にアカウント名を選ぶことが可能です。学生の方は icドメインでもあらかじめ決まったアカウント名を利用して頂くことになりますので特にicドメインを取得するメリットはありません。

アカウント・申請書

icドメインの利用のためには ic ドメイン利用申請書を情報センター事務室に提出して頂く必要があります。申請書はこちらからダウンロードまたは情報センター事務室にてお渡ししています。

 

取得できるアカウントには利用できるサービスに対応して、電子メールアカウント・Webアカウントのニ種類がありますが一つの申請書で全て申請可能です。

申請書 申請 利用可能になるサービス
icドメイン利用申請書 メールアカウント取得申請 メールの利用
Webアカウント取得申請 ホームページの公開
利用情報
電子メールの利用

2009年度5月11日より、icドメインのメールはGmailに移行されました。
Gmailに関する情報は、「メールの利用」を参照してください。

メールアドレス アカウント名@ic.daito.ac.jp
Webサーバ利用
ソフト名 機能
wwwサーバ www.ic.daito.ac.jp
URL http://www.ic.daito.ac.jp/~アカウント名/ファイル名
このページのTOPへこのページのTOPへ