大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース お知らせ

2012年11月30日

第13回英語スピーチコンテスト開催 学長賞に田仲千遥さん

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
学長賞の表彰学長賞の表彰

本学主催第13回英語スピーチコンテストが11月30日、東松山キャンパス60周年記念講堂で開かれた。高校生の部5人、一般の部4人、留学生の部4人、大学生の部7人(予選通過者)が「記憶~MEMORY~」をテーマに自らの思いを体験談を交え英語でスピーチした。

開会のあいさつで、太田政男学長は「今年のテーマは『記憶~MEMORY~』です。記憶は前に進む力となります。本コンテストを通じて、哀しみの記憶だけではなく、喜びや楽しさの記憶も含め、記憶を表現し他者に分かち合うことで人生を豊かにしてほしい」と話した。

審査は、制限時間の遵守や題材の根拠、展開、言語や発音の適切さ、観客の反応など7つの項目を各5段階、最高35点満点で採点。
学長賞には、中学生時代から今に至る自分の思いや経験を通じての「記憶」に向き合うことで「真の自分をみつけたい」と述べた田仲千遥さん(埼玉県立不動岡高校2年)が輝いた。
 総評で山﨑俊次国際交流センター所長は「全体を通してレベルの高さに驚いた。参加の経験を生かし、今後も精神的な豊かさと探究心を持ち続けてほしい」と話し、来年の本大会への協力と参加を呼びかけた。審査委員長の企業システム学科のミックメーヒル・カイラン教授は審査講評で「素晴らしい発表が続き、審査が難航するほど高いレベルだった」と話した。
同コンテストは、本学学生が主体で企画運営を行っており、メディアに取り上げられるなど高い評価を得ている。

結果は次の通り(敬称略)
【学長賞】(全体の最優秀賞)
 高校生の部の 田仲 千遥(埼玉県立不動岡高校2年)
【最優秀賞】(部門別)
 高校生の部  越川 萌花(埼玉県立南稜高校1年)
 一般の部   ハッリ ルオホネン
 留学生の部  ホルメラ メリ(交流学生)
 大学生の部  石﨑 契(英語学科1年)
【優秀賞】
 高校生の部  老川 力翔(埼玉県立不動岡高校2年)
 大学生の部  山川 菜帆(英米文学科3年)
【奨励賞】
 高校生の部の 清水 優(埼玉県立南稜高校1年)
【特別賞】(来場者の投票により選出)
 大学生の部の 菊池 栞(英語学科1年)
【青桐会長賞】
 大学生の部の 望月 美里(英語学科2年)

このページのTOPへこのページのTOPへ