大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース お知らせ

2015年07月09日

本学とDNPメディアクリエイトが防災教育教材開発の共同研究を開始

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
DNPメディアクリエイトとのキックオフミーティングDNPメディアクリエイトとのキックオフミーティング

 本学と株式会社DNPメディアクリエイトは、防災教育教材の開発に関する産学共同研究契約を締結した。これに伴い、環境創造学部・飯塚裕介ゼミと同社第2企画本部は、2015年4月から2年間の計画で、災害図上訓練ゲームの開発プロジェクトを開始した。

 ゲーム形式で手軽に楽しみながら、防災について学習できるツールを制作する。

 災害図上訓練とは、地域で大きな災害が発生する事態を想定し、机上で危険予測や対処方法の検討を行う防災訓練のこと。ロールプレイング型、ワークショップ型(DIG等)、防災ゲーム(クロスロード等)など様々な手法があり、学校や地域における防災教育、自治体など防災関係機関の訓練に取り入れられている。

 本学環境創造学部環境創造学科 飯塚裕介ゼミは、建築学をベースに都市活動の時空間分布の解析や災害リスク評価、防災教育の研究などに取り組んでいる。

 このたび、同ゼミは本学とDNPメディアクリエイトとの産学共同研究契約の締結に伴い、同社第2企画本部と共同で、ゲーム形式で手軽に楽しみながら防災について学習できるツールを開発することとなった。2015年はプロトタイプを開発し、2016年にはツールを完成して、大学生や地域住民を対象とした実証実験を行う予定。

 本学とDNPメディアクリエイトの両者は、この研究で得られた成果により,学習者の能動的な学習姿勢を引き出す新たな防災教育教材の製品化につなげることを目指す。

共同研究の概要

【共同研究】
災害図上訓練ツールの開発
【研究目的】
(1)災害図上訓練ツールのデザイン表現に関する研究
(2)災害図上訓練ツールの教育手法に関する研究
(3)災害図上訓練ツールのユーザビリティに関する研究
【パートナー企業】
株式会社DNPメディアクリエイト
【期 間】
2015年4月1日から2017年3月31日

共同研究の様子 共同研究の様子
このページのTOPへこのページのTOPへ