大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース お知らせ

2016年02月16日

キャンパスへのアクセスが便利に-道路開通で鴻巣便アクセス改善ほか

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

1.鴻巣便バスが県道バイパスの開通で時間短縮

 東松山キャンパス前の県道・岩殿観音南戸守線バイパスが2月13日完成し、開通記念式典と東武東上線を立体交差する橋名板の除幕式が行われ、太田政男学長がくす玉開披と橋名楯の除幕式に列席しました。

 当日は、10時から開通記念式典が行われた後、橋名板の除幕式が行われ、揮毫した高木聖雨・書道学科教授に埼玉県知事より感謝状が授与されました。除幕式終了後は、本学の吹奏楽団を先頭に来賓者、近隣の方が新陸橋の渡り初めを行いました。

 同バイパスの開通により、東武東上線の踏切などの渋滞の回避効果で、東松山キャンパスと鴻巣駅を結ぶバスの所要時間は10分程度短縮されます。

2.東武東上線ダイヤ改正で便利に

 東武鉄道は、3月26日より日中に副都心線直通の急行(Fライナー)の新設や、快速に接続する準急の延長運転などダイヤ改正を行うと発表しました。

 高坂(大東文化大学東松山キャンパス前)駅は、この改正により、副都心線直通の急行(Fライナー)が停車し、和光市で池袋発着の準急と接続します。また、高坂(大東文化大学東松山キャンパス前)駅を通過している快速には途中接続がありませんでしたが、川越市で準急と乗り換えが可能となります。

 今回の急行(Fライナー)の新設により高坂(大東文化大学東松山キャンパス前)駅~副都心線・東急東横線方面の所要時間が最大11分短縮され、アクセスが向上します。

 詳細は東武鉄道ニュースリリースをご覧ください。 

 本学バスダイヤについては後日ホームページバス時刻表ページにてお知らせします。

3.本川越駅西口開設で乗り換え時間が半分以下に

 西武鉄道は埼玉県川越市が進めている「本川越駅西口駅前広場整備事業」にあわせ、2月20日より本川越駅西口を開設すると発表しました。

 本川越駅西口の開設により、西武新宿線本川越駅と東武東上線川越市駅との乗り換え時分が徒歩11分から5分へ短縮され、キャンパスへのアクセスが向上します。

このページのTOPへこのページのTOPへ