大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース お知らせ

2013年10月19日

第90回箱根駅伝予選会、本大会出場決める

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
総合8位市田孝選手(20番)
・同9位市田宏選手(21番)総合8位市田孝選手(20番) ・同9位市田宏選手(21番)

 第90回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会が10月19日、東京・陸上自衛隊立川駐屯地から昭和記念公園間の20㌔コースで行われ、本学陸上競技部は総合6位、10時間9分51秒で、2年連続45回目の本大会出場を決めた。創立90年目の今年も、箱根路にライトグリーンの襷はつながった。

 第90回大会は記念大会として本大会の出場枠が20から23に拡大。前回大会で10位以内に入り、すでに本大会へのシード権を持つ10校に加え、この日の予選会で13位までに入った本学などが出場権を獲得した。本大会は2014年1月2日、3日に東京・大手町から箱根・芦ノ湖間全長217・9㌔を争う。

吉川修平主将(企業システム学科4年)の話

「今年は箱根駅伝で勝負する」をスローガンに取り組んできた。6位通過で本大会出場を決めたが満足していない。2ヶ月間しっかり練習して、もう一段階、力をつけていきたい。


このページのTOPへこのページのTOPへ