大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース スポーツ

2014年06月23日

【日本学生陸上競技個人選手権】女子 森智香子選手が2年連続2冠・男子 森雅治選手、梨本選手が3位

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 日本学生陸上個人選手権は6月20日から22日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で行われ、女子3000㍍障害で森智香子選手(スポーツ科学科4年)が10分14秒31で優勝。女子1500㍍の優勝に続き、2年連続2冠を達成した。森選手は、先頭に立ち独走状態で2位に10秒の差をつけての圧勝だった。

 21日行われた女子5000㍍決勝では、木村芙有加選手(同2年)が16分12秒05で2位の好成績。


 男子は、21日に森雅治選手(同2年)は男子200m決勝に出場し、21秒05で3位。梨本真輝選手(同3年)が男子100㍍決勝で10秒59で3位の好成績、2人とも関東インカレの悔しさを晴らす走りとなった。

このページのTOPへこのページのTOPへ