大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース スポーツ

2014年06月27日

東京五輪に向けた大学連携協定締結式で土井杏南さんが登壇

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 6月23日、早稲田大学大隈記念講堂大講堂で「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会大学連携協定締結式・記念シンポジウム」が行われた。
 本締結式は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向け、一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と大学が連携し、それぞれの資源を活用してオリンピック教育の推進や大会機運の醸成等の取り組みを進めるためのスタートラインとして行われた。
 連携大学は552校(締結日時点)で、締結式に参加した大学は200を超え、本学からは高橋進スポーツ振興センター所長、琉子友男陸上競技部部長が参加した。
 締結式では、本学から参加のロンドンオリンピック陸上競技4×100㍍リレーに出場した土井杏南さん(スポーツ科学科1年)がアスリートの連携大学代表者として「全大学生アスリートが切磋琢磨することを誓います」とあいさつした。

このページのTOPへこのページのTOPへ