大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース スポーツ

2015年01月09日

インカレスピード部門で辻中選手が優勝-スケート部

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
表彰台に上がる辻中選手(写真中)表彰台に上がる辻中選手(写真中)

 今年第87回を数える日本学生氷上競技選手権大会が1月6日から北海道釧路市にて開幕した。
 競技1日目は男女の500㍍が行われ、女子500㍍に出場した辻中杏奈選手(日本文3年)は、今季ワールドカップに出場している黒岩美生選手(日本体育大学)を破りインカレでの初優勝を果たした。
 インカレ2日目は、中長距離種目も始まり強風の中男女4種目が行われた。
 女子3000㍍では、竹村美咲選手(経営2年)が中盤から粘りを見せたが、9位と入賞を逃した。
 男子5000㍍は今季好調の山澤諒選手(スポーツ科3年)がレース終盤伸びず、得点県内の15位に一歩及ばず16位にとどまった。
 また、女子1000㍍昨日500㍍で優勝した辻中杏奈選手が出場したが、後半タイムが伸びず9位にとどまった。
 松澤優花里選手(スポーツ科1年)は、レース序盤にスピードに乗ることができなかったが、後半に粘りを見せ8位に入賞を勝ち取った。


辻中選手のコメント
中学、高校から目指し続けていた全国1位という目標を、このインカレでようやく果たすことができてとてもうれしいです。
しかし、500㍍の2本目は天候の悪さや心の焦りから少し物足りないレースをしてしまいました。
挑戦の気持ちを忘れず、1000㍍や2000㍍リレーでは一層気を引き締めていきたいと思います。

松澤選手のコメント
スピード部門女子1000㍍において8位入賞という成績を修めることができました。
1000㍍は得意で自信があり、表彰台を狙っていた種目だったので8位という順位には悔しい気持ちが大きいです。
強風のなかでのレースとなり思うようにスピードに乗ることができず、自分の持ち味である伸びのあるスケーティングをすることができませんでした。
実力不足を痛感し、とても悔しい思いをしたので残りの種目では今日の反省を活かし、今日よりも更に強い気持ちで滑りきります。
応援よろしくお願いします。


競技結果(1日目)
女子500㍍
第1位 辻中杏奈 (日本文3年) 82.00 1本目40.86 1位 2本目41.14 2位
第15位 小原涼子 (日本文1年) 88.81 1本目44.43 15位 2本目44.38 15位
第16位 生野優実 (教育4年)  93.78 1本目46.57 16位 2本目47.21 16位 
男子500㍍
第27位 小池真生 (経営1年)  82.40 1本目41.36 28位 2本目41.04 27位

競技結果(2日目)
女子500㍍
第1位 辻中杏奈 (日本文3年) 82.00 1本目40.86 1位 2本目41.14 2位
第15位 小原涼子 (日本文1年) 88.81 1本目44.43 15位 2本目44.38 15位
第16位 生野優美 (教育4年)  93.78 1本目46.57 16位 2本目47.21 16位 
男子500㍍
第27位 小池真生 (経営1年)  82.40 1本目41.36 28位 2本目41.04 27位
女子3000㍍
第9位 竹村美咲 (経営2年) 4.45.41
第11位 池上真以 (環境創造3年) 4.51.19
第15位 生野優美 (教育4年) 5.11.29
男子5000㍍
第16位 山澤諒 (スポーツ科3年) 7.21.97
第19位 本間浩太 (スポーツ科2年) 7.26.37
第22位 青山航大 (スポーツ科1年) 7.37.72
女子1000㍍
第8位 松澤優花里 (スポーツ科1年) 1.26.23
第9位 辻中杏奈 (日本文3年) 1.26.23
第17位 小原涼子 (日本文1年) 1.30.38
男子1000㍍
第22位 中山航 (中国2年) 1.18.60
第30位 小池真生 (経営1年) 1.24.76

このページのTOPへこのページのTOPへ