大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース スポーツ

2015年06月01日

硬式野球部3季ぶり1部昇格果たす

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
第1戦の勝利投手、内海投手第1戦の勝利投手、内海投手

 首都大学野球連盟2部リーグで同一勝率ながら2位となった本学硬式野球部が5月30、31日に行われた獨協大学との1部入れ替え戦に臨んだ。
 海老名球場で迎えた30日の入れ替え戦初戦は2回表・独協大に2点の先制を許し、その後の3回表に追加点を奪われ試合の主導権を渡すものの4回裏に早津勇人選手(環境創造3年)、5回裏には吉原俊貴選手(同4年)が適時打を放つと、7回裏に野澤和希選手(国際文化2年)1点を返し喰らいつく。1点差のまま9回裏を迎えるが、押し出しで同点に追いつき試合は振り出しに戻り延長戦へ。
 リリーフとして登板した内海成貴投手(政治2年)が粘りのピッチングを見せる中、試合を決したのは12回裏。得点圏に代打で出場した稲澤潤選手(同3年)がサヨナラ打を放ち、昇格へ勢い増す勝ちを手にした。

2戦目の勝ち投手となった今井投手2戦目の勝ち投手となった今井投手

 日体大健志台球場にて行われた2日目は、3回裏に先制され1点のリードを追いながら試合が進み、8回表に和氣暉親選手(スポーツ科4年)からソロホームランが飛び出し同点に追いつく。
 守備では先発した今井圭投手(中国4年)が9回1失点の好投を見せ味方の援護を待つが、前日の試合に続き延長戦へと突入する。
 延長10回表、この日本塁打の和氣選手が2点をもぎ取る適時打で試合を動かし、5番に座る石川雅記選手(日本文4年)が1点を追加するヒットを放った。
 最後は2日続けて登板した内海投手がきっちりと抑えて試合の幕を閉じた。この結果入れ替え戦2連戦を制した、本学野球部は3季ぶりの1部昇格を果たした。

このページのTOPへこのページのTOPへ