大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース スポーツ

2015年07月16日

レスリング・アジアジュニア大会120キロ級で宮原選手が銀

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 レスリングのアジアジュニア選手権大会が7月9日から12日までミャンマー・ネピドーで行われ、日本代表選手として派遣された宮原将裕選手(経営2年)が120㌔級で銀メダルに輝いた。

 藤沢監督の話
「以前のアジア大会は、旧ソ連(共産圏)の出場はなかったが、旧ソ連崩壊後はアジアの諸国が増えたため、アジア大会への参加国も多くなり、重量級での上位入賞が厳しい状況となっている。
その中にあってこの階級での準優勝は非常に価値あるものであり、今後の活躍が大いに楽しみな選手である。」

表彰式後、上位入賞者との撮影(左1) 表彰式後、上位入賞者との撮影(左1)
このページのTOPへこのページのTOPへ