大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース スポーツ

2015年10月25日

杜の都駅伝 準優勝-陸上競技部(女子長距離)

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
キャプテン福内選手の走りキャプテン福内選手の走り

 第33回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)が、10月25日仙台市で行われ、陸上競技部(女子長距離)は、2時間5分40秒で3年連続の第2位だった。
 創設6年で5年連続5度目の出場となった本学は、「飛躍と約束」を合言葉に初優勝を目指し、チーム全員で杜の都に臨んだ。

 レース序盤、1区には関東大学女子駅伝で第1走者を経験した松川涼子選手(スポーツ科学科1年)を起用。11位と出遅れ、トップ差36秒でつなぐと、2区の小枝理奈選手(同3年)の5人抜きの快走でトップ差1分7秒の6位に浮上した。
 中盤に入り、3区は前年同区で4人抜きの力走をみせた木村芙有加選手(同3年)が今年も圧巻の4人抜きで区間2位の力走、2位でつなぎ、4区・瀬川帆夏選手(中国学科3年)は後続に迫られるも区間2位の懸命の走りをみせ、本学はトップとは1分39秒差の2位をキープした。

 終盤、5区はキャプテン・福内櫻子選手(英語学科4年)が3年連続エース区間・最長の9.2㌔を務めた。「日本一しかない」との思いで、後続の名城大学に一度は追いつかれるが、抜き返して突き放す集大成の区間2位の走りをみせる。最終6区を任されたのは谷萩史歩選手(スポーツ科学科2年)。谷萩選手は関東大学女子駅伝で体調不良による失速のアクシデントがあったが、笑顔で襷を受け取ると関東大学女子駅伝の雪辱を果たす区間3位の走りをみせた。
 先頭を走る立命館大の背中には、一歩及ばず、2分48秒差の第2位でゴールテープを切った本学は、3年連続の準優勝、シード権を獲得した。

外園監督の話

 優勝を逃したのは悔しいが、朝からこんなにたくさんの方に応援しに来ていただきありがたい。選手の全てが私の指導そのもの。スタート前に選んだ6人は、私も本人たちもこの結果を後悔していない。
関東大会ではアクシデントがあったが、この大会では本当の意味で強くなれた。立命館は決して追いつけないチームではない。3年連続2位という結果は、必ず力となって表れるものと信じて、必ず来年は優勝してみせる。

福内キャプテンの話

 たくさんの応援、ありがとうございました。優勝を目指してきてこの結果は悔しいが、この1年間チーム一丸となって全力で戦ってきたので後悔はない。今後共、応援よろしくお願いします。

このページのTOPへこのページのTOPへ