大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース スポーツ

2015年12月03日

ジャパンカップスピードスケート3選手入賞

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 2015/2016ジャパンカップスピードスケート競技会第2戦が11月27日~29日の3日間にわたり岐阜県恵那市(クリスタルパーク恵那スケート場)で行われた。
 本学からは男子3名、女子4名が出場し、初日女子1000mで辻中杏奈選手(日本文学科4年)が3位、2日目女子3000mで竹村美咲選手(経営学科3年)が3位、最終日男子マススタートで山澤諒選手(スポーツ科学科4年)が3位と3名の選手が表彰台に上がることができた。また、男子マススタートでは、3位の山澤諒選手に続き本間浩太選手(スポーツ科学科3年)が4位、青山航大選手(スポーツ科学科2年)も5位と終始積極的なレースでスプリントポイントを獲得し上位に入った。

女子1000m第3位 辻中杏奈選手の話

 ジャパンカップ第2戦において、今シーズン初めての表彰台となりました。しかしレースにはまだまだ課題が多く、納得のいく滑りは出来ませんでした。近付いてくるインカレに向けて日々頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

女子3000m第3位 竹村美咲選手の話

 今回ジャパンカップ第2戦3000mで第3位に入賞しました。こういった全日本の大会で、表彰台に乗ることは大学生になってから初めてで、レースが終わった後とても嬉しかったです。また正直自分自身でも入賞すると思っていなかったのでびっくりしました。今回たくさんの方に応援をしていただきました。今後も感謝の気持ちを持ちこの結果に満足せず、1月に行われるインカレに向け、改めて気持ちを入れ直し頑張っていこうと思います。応援ありがとうございました。

男子マススタート第3位 山澤諒選手の話

 今回2015/2016ジャパンカップスピードスケート競技会第2戦におきまして、男子マススタートで3位入賞の成績を収めることが出来ました。本種目は次回の冬季五輪から採用される新種目であり、今大会の結果には素直に喜びを感じています。
今後も文武両道を目指し、学生選手権やインカレでよい戦績を収められるように精進したいと思います。応援ありがとうございました。

競技結果
女子500m

第4位 辻中 杏奈(日本文学科4年)  81.97  (1回目40秒80 4位、 2回目41秒17 4位)
第10位 松澤 優花里(スポーツ科学科2年)  83.62  (1回目41秒75 10位、 2回目41秒87 10位)

女子1000m

第3位 辻中 杏奈(日本文学科4年)  1分23秒07
第6位 松澤 優花里(スポーツ科学科2年)  1分24秒02

女子1500m

第12位 田中 翔子(スポーツ科学科1年)   2分17秒08
第13位 竹村 美咲(経営学科3年)   2分17秒67

女子3000m

第3位 竹村 美咲(経営学科3年)   4分33秒93
第6位 田中 翔子(スポーツ科学科1年)   4分36秒94

女子マススタート

第8位 田中 翔子(スポーツ科学科1年)   スプリントポイント1点 9分39秒48
第9位 竹村 美咲(経営学科3年)   スプリントポイント1点 9分42秒52

男子1500m

第8位 山澤 諒(スポーツ科学科4年)   1分58秒41
第16位 本間 浩太(スポーツ科学科3年)   2分00秒16

男子3000m

第10位 青山 航大(スポーツ科学科2年)   4分14秒22

男子5000m

第9位 本間 浩太(スポーツ科学科3年)  7分26秒26
第12位 青山 航大(スポーツ科学科2年)  7分28秒84
第14位 山澤 諒(スポーツ科学科4年)  7分30秒84

男子マススタート

第3位 山澤 諒(スポーツ科学科4年)  スプリントポイント20点 8分24秒61
第4位 本間 浩太(スポーツ科学科3年)  スプリントポイント10点 8分55秒91
第5位 青山 航大(スポーツ科学科2年)  スプリントポイント 7点 8分34秒74

辻中選手 辻中選手
このページのTOPへこのページのTOPへ