大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース スポーツ

2016年02月04日

第71回国民体育大会冬季大会-スケート部

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
辻中選手(写真中央)辻中選手(写真中央)

 第71回国民体育大会冬季大会スケート競技会が岩手県盛岡市にて行われた。本学からは、埼玉県代表4人、長野県代表5人、山形県代表1人の計10人が各都道府県の代表選手として出場した。
 長野県代表として成年女子500㍍に出場した辻中杏奈選手(日本文学科4年)は、決勝種目でスタートラインが不利な外側8コースからのスタートとなったが、思い切りよく飛び出し2番手につけた、ゴール前で同じ長野県代表で高校の同級生である新井選手(信州大)に抜かれたが、第3位となり表彰台に上がった。同じ長野県代表として出場した松澤優花里選手(スポーツ科学科2年)は、成年女子1000㍍で第5位、1500㍍で第7位と予選、決勝と厳しいレースを勝ち抜き2種目で入賞した。また、同じく長野県代表で成年女子3000㍍に出場した竹村美咲選手(経営学科3年)も早いレース展開の中、よく耐え見事第6位入賞となった。
 成年男子では、埼玉県代表として出場した山澤諒選手(スポーツ科学科4年)が5000㍍で決勝に勝ち上がり、冷静なレース展開で第6位となり国体初入賞を果たした。
 2000㍍リレーでは、成年女子で長野県代表で辻中選手、埼玉県代表で埼玉県 山澤清楓選手(スポーツ科学科1年)が出場し、ともに第4走アンカーを務め長野県第3位入賞、埼玉県第7位入賞の原動力となった。
 フィギュアースケート部門で埼玉県代表として出場した佐藤千富美選手(国際関係学科1年)はショートプログラム24位で翌日のフリーに進み、フリー22位、最終結果24位と健闘した。

スピードスケート 競技結果
成年女子500㍍
第3位入賞 辻中杏奈選手(日本文学科4年)40秒57  長野県代表

成年女子1000㍍
第5位入賞 松澤優花里選手(スポーツ科学科2年)1分20秒91 長野県代表

成年男子5000㍍
第6位入賞 山澤諒選手(スポーツ科学科4年)6分59秒20 埼玉県代表

成年女子3000㍍
第6位入賞 竹村美咲選手(経営学科3年)4分23秒46 長野県代表
第11位   池上真以選手(環境創造学科4年)4分39秒40 長野県代表

成年女子1500㍍
第7位入賞 松澤優花里選手(スポーツ科学科2年)2分02秒89 長野県代表

成年女子2000㍍リレー
第3位入賞 長野県 辻中杏奈選手(日本文学科4年)2分45秒63 長野県代表 第4走アンカーとして出場
第7位入賞 埼玉県 山澤清楓選手(スポーツ科学科1年)3分05秒04 埼玉県代表 第4走アンカーとして出場

フイギュアスケート 競技結果
成年女子
第24位 佐藤千富美選手(国際関係学科1年)SP24位 FS22位 93.73 埼玉県代表

成年女子500㍍第3位入賞 2000㍍リレー第3位入賞 辻中選手(長野県代表)コメント
今回の500㍍は個人では3位でしたが、長野県では2位と3位を取ることができ、県代表としての役目を果たせたと思います。リレーでもアンカーという大役を任させて頂き、リンクサイドや応援席から聞こえてくる声は力強い支えになりました。長野県代表としては最後の出場になりますが、多くの選手や先生方、役員の皆様と共に戦えたことを嬉しく思います。ありがとうございました。

成年女子1000㍍第5位入賞 1500㍍第7位入賞 松澤選手(長野県代表)コメント
長野県代表として出場し、成年女子1500㍍で7位、同1000㍍で5位に入賞することができました。
昨年も長野県代表として同じ種目に出させていただいたのですが、どちらも決勝に進むことができませんでした。今年は昨年よりも上を狙い、1点でも多く長野県に貢献できたらと思いレースに臨んだので、2種目で決勝に進み入賞できたこと、そして得点を挙げられたことは昨年よりも成長できた部分だと思っています。しかしまだまだ実力不足だと感じる部分が多くありました。来年は地元長野での開催となるので、再び長野県代表に選ばれ、更に上の順位に入れるよう頑張ります。
いつも応援していただきありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

成年女子3000㍍第6位入賞 竹村選手(長野県代表)コメント
今回、3000㍍で第6位に入賞しました。長野県代表として滑らさせていただきました。いつものレースと違い、シングルレースだったので、予選を通過しなければいけないプレッシャーなどありましたが、伸び伸びと滑ることが出来たように感じます。決勝ではスタート位置がよかったですが、向かい風もあり後半ばててしまったのが心残りです。最後まで諦めず、精一杯滑ることが出来たので結果に繋がったのかなと思います。応援ありがとうございました。

成年男子5000㍍第6位入賞 山澤選手(埼玉県代表)コメント
成年男子5000㍍におきまして第6位に入賞することが出来ました。国体での入賞は初めてだったので嬉しく思います。また埼玉代表として多くの方に応援していただき、とても感謝しています。1500㍍は予選落ちをして悔しく思っていたので5000㍍は強い気持ちを持って臨みました。レースは激しい順位争いになりましたが、冷静さを失わずにレースを展開出来たことが今回の結果に繋がったと思います。
シーズンも終盤となり、残す試合もわずかとなりましたが最後まで全力で競技に打ち込みたいと思います。今回は応援ありがとうございました。

松澤選手(写真中央) 松澤選手(写真中央)
このページのTOPへこのページのTOPへ