大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース スポーツ

2016年12月12日

IPCノルディックスキー・ワールドカップ 阿部選手が金メダル

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 国際パラリンピック委員会(IPC)主催のノルディックスキー・ワールドカップの第1戦(フィンランド大会)が、12月9日フィンランドのボッカティで開幕した。阿部友里香(国際関係3年)選手は、大会初日のクロスカントリー(スプリント・クラシカル)に出場し、見事に優勝を果たし「金メダル」を獲得した。

 優勝に輝いたスプリントは、短距離1.2kmの種目。ロシアや北欧の強豪勢に対して、日本が得意とする種目。スプリント・クラシカル競技は「ノックアウト方式」。予選上位12名が準決勝へ進出、2組に分かれて決勝進出を競う。各組上位3人が決勝に進み、決勝は6名の選手で競う。

阿部友里香選手の話

 今シーズン重点を置いているクラシカル・スプリントで1番を取れたことは自分自身ビックリしていますし素直に嬉しいです。オフシーズンに取り組んできたことを出し切れたレースでした。予選から決勝まで滑る板を作ってくれたワックスマン、コース内で応援してくれたスタッフのみなさんのおかげです。日本の皆さんの応援ありがとうございます。明日からのレースも頑張ります。

 

『Tarzan(ターザン)』695号(マガジンハウス社)には、『体幹トレと走り込みが、バイアスロンにも生きる。平昌を目指す阿部友里香』という見出しが掲載された。

今シーズンのスケジュール

2016年

12月9日~16日 IPCワールドカップ第1戦 フィンランド/ボッカティ

2017年

1月8日 第19回全日本障害者クロスカントリースキー競技大会 北海道/旭川市
1月13日~20日 IPC ワールドカップ第2戦 ウクライナ/ウェスタン・センター
2月11日~19日 IPC 世界選手権 ドイツ/フィンステラウ
3月10日~15日 IPC ワールドカップ第3戦 韓国/ピョンチャン
3月18日~22日 IPC ワールドカップ最終戦 日本/札幌

3月27日~4月1日 INAS 知的障害者スキー世界選手権大会 フランス

このページのTOPへこのページのTOPへ