大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース スポーツ

2017年12月22日

男子バスケ優勝報告会、ラグビー・陸上男女長距離 出場壮行会行う

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

男子バスケットボール部のインカレ優勝報告会とラグビー部・陸上競技部(男子長距離)・陸上競技部(女子長距離)の壮行会が12月22日、東松山校舎5号館M-frontで行われた。

 

門脇廣文学長が「各運動部が快進撃を遂げた一年だった。選手の活躍を称えると共に、この流れの中で来るべき大会での健闘を期待したい。必要なのは応援の力です」と激励した。


続いて、インカレ3連覇中の筑波大学に挑み、初の大学日本一栄冠に輝いた男子バスケットボール部の西尾吉弘ヘッドコーチは「来年50周年の節目を迎えるタイミングでいい結果が出せた。応援いただいた大学関係者、学生の皆さんに感謝します」とあいさつし、モッチ・ラミン選手(英語学科2年)は「日本一になれたのは皆様の応援のおかげ。来年も優勝目指して頑張りたい」と感謝した。

 

1995年以来22年ぶり8度目のリーグチャンピオンとして大学選手権に臨むラグビー部の青柳勝彦監督は「初戦(12月23日)の慶應大学戦を突破し、狙うは優勝のみ。一人でも多くの方の来場をお願いしたい」、河野良太主将(社会経済学科4年)は「ひとつも負けられない戦いが続く。応援お願いします」と述べた。
陸上競技部の琉子友男部長は「男子は5位、女子は優勝を目指す。応援をお願いします」と抱負を語った。男子長距離の原法利主将(経営学科4年)は6年連続49回目の箱根駅伝への出場に向けて「シード権獲得はもちろん5位入賞を目指す。チーム一丸となって頑張るので応援お願いします」と健闘を誓った。
10月の全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)で準優勝で、年末の富士山女子駅伝で優勝を目指す陸上競技部(女子長距離)の谷萩史歩主将(スポーツ科学科4年)は「杜の都駅伝での悔しさをバネに富士山では最後の大会として部として一丸となって戦いたい」と力強く語った。

高橋進学務局長より「応援してくれた人、チーム全員への感謝の気持ちを忘れず、勢いのある今こそ勝ってほしい。皆さんの頑張りが学園全体の頑張りになり、プライドとなる」と応援の言葉が送られ、体育連合会会長による応援メッセージの後、本学全学應援團によるエールで優勝報告会と出場壮行会は締めくくられた。

 

 

ラグビー部

第54回全国ラグビーフットボール選手権大会

・準々決勝:大東文化大学×慶応義塾大学 
2017年12月23日(土)12:05-秩父宮ラグビー場 NHK-BS1にて生中継


◎大東文化大学ラグビー部公式戦の入場券配布について
・配布日時:2017年12月23日(土)10時30分~
・配布場所:秩父宮ラグビー場 大東文化大学特設ブース(※各試合会場入口)
・配布対象:本学学生および教職員(教職員ご家族も可)


・準決勝 2018年1月2日(火)秩父宮ラグビー場 NHKにて生中継
・決 勝 2018年1月7日(日)秩父宮ラグビー場 NHKにて生中継

陸上競技部(男子長距離)

第94回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

2018年1月2日(火)・1月3日(水)

8:00  読売新聞東京本社前スタート 日本テレビ系列にて生放送

陸上競技部(女子長距離)

2017富士山女子駅伝-全日本大学女子選抜駅伝競走

2017年12月30日(土)

10:00富士山本宮浅間大社前スタート~富士総合運動公園陸上競技場ゴール フジテレビ系列にて生中継

このページのTOPへこのページのTOPへ