大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース スポーツ

2018年10月28日

杜の都駅伝、初優勝を狙うも34秒差で悔しい準優勝

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

秋晴れの中「第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会」(杜の都駅伝)が10月28日、仙台市で行われた。弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)から同市役所前市民広場までの6区間、38.0㌔のコースで全国26チームが日本一の座をかけて熱戦を繰り広げた。

 

創設9年で8年連続8度目の出場となった本学は、前回大会までに4度の2位を経験し、何度も悔し涙を流してきた。5区のエース関谷夏希選手(英語3年)を中心に、攻めの走りで初優勝を目指した大会だったが、2時間6分00秒で悔しい準優勝だった。

 

1区は前回大会でも同区間を任され経験のある秋山祐妃選手(スポーツ科2年)を起用。トップ差42秒の13位で2区に襷をつなぐ。2区は関東学生女子駅伝で区間賞を獲得した鈴木優花選手(同1年)が起用され、区間新記録に惜しくも及ばなかったものの、17分38秒という好タイムで断トツの区間賞を獲得し、驚異的な力走で総合順位も13位から一気に1位まで押し上げた。

 

中盤に入り、3区は主将で経験豊富な元廣由美選手(経営4年)。4年生として意地の走りを見せるも、順位を4位に下げる。4区の各校のスピードランナーを配置する最短区間(4.8㌔)には、今泉野乃香選手(スポーツ科3年)が起用され区間4位の粘りの走りで襷を繋いだ。

 

終盤5区は関谷選手がエース区間・最長の9.2㌔に臨んだ。関谷選手は、トップの名城大学に中継所では53秒差があったが、6区中継所ではトップ差32秒差まで追い詰め、堂々の区間賞でエースの走りを見せつけた。関谷選手の勢いを受け継ぎ、最終6区の襷を引き継いだのは、山口可純選手(スポーツ科3年)。初優勝に向けて懸命の走りを見せるもトップ差34秒の総合成績第2位でゴールした。


初優勝を狙っていただけに2年連続の2位になり、悔しい結果ではあったが、優勝という夢に向けて、今後に期待がもてる準優勝だった。

外園監督の話

昨年は関谷選手や元廣選手の活躍があって、結果的に2位だった。今年は優勝を狙いにいったが2位という結果に終わった。

2区の鈴木選手や、5区の関谷選手がやってくれるという自信もあったが、優勝することはできなかった。

選手達が肌で感じている悔しさというのがある。何をしなければ勝てないのか、この一年で勝てるように努力する。

来年の杜の都に向けて、まずは年末の富士山駅伝でチャレンジをしたい。

元廣主将の話

沿道の途切れることのない大声援に大きな力をもらった。優勝という形で恩返しをしたかったが、準優勝という結果で残念に思う。年末の富士山駅伝では優勝に向けてチャレンジする。

各選手のコメント

1区(6.4km) 秋山選手のコメント 区間13位 21分30秒
ーレースを振り返って

優勝を本当に狙っていたので、去年とは違って悔しい。

 

2区(5.6km) 鈴木選手のコメント 区間1位 17分38秒(区間賞)
━レースを振り返ってみて
序盤の大事な2区で目標の区間賞を取れて安心している。

━結果について
二位の結果は先輩が繋いでくださった結果なので来年優勝目指したい。


3区(6.8km) 元廣選手のコメント 区間9位 23分20秒
ーレースを振り返って
私があと30秒早く走れていたら日本一が見えていたのかと思うと、本当に悔しい。
ー富士山女子駅伝に向けて
もう一度、日本一を目指して頑張りたい。


4区(4.8km) 今泉選手のコメント 区間同率4位 16分12秒
━レースを振り返って
自分の中では夏希(5区走者 関谷選手)が走りやすい位置(優勝)で渡したかったが渡せず悔しい。
━結果について
関東女子大学では悔しい思いをした。その期間から日本一をとるための練習をしてきたので悔しさは残るがやり切ったという思い。

5区(9.2km) 関谷選手のコメント 区間1位 29分32秒(区間賞)
ーレースを振り返って
今年は優勝狙っていたので悔しい。点数をつけるなら30点くらい。走り終わった後に悔しさしか無かった。
ー富士山女子駅伝に向けて
今回こういう形になって1番を取りたいという気持ちが大きくなった。


6区(5.2km)山口選手のコメント 区間5位 17分48秒
━レースを振り返って
レース自体は1年4ヶ月ぶりだったので思い切って走ろう、今まで支えてもらった人に恩返しの走りができるように走った。
━結果について
2番でゴールしたのは悔しいが新しいスタートが切れた。駅伝は自分の持っている力以上を発揮できる場所だと久しぶり感じとれた。

取材協力:スポーツ大東編集部

このページのTOPへこのページのTOPへ