大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース お知らせ

2016年12月24日

ビアトリクス・ポター™資料館主催のクリスマスイベント行われる

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
ステージ上で「となりのトトロ」を大合唱ステージ上で「となりのトトロ」を大合唱

 毎年恒例、大東文化大学ビアトリクス・ポター™資料館主催のクリスマスイベントが12月17日と18日の2日間にわたり、大東文化会館1階ホールにて開催された。
 17日には歌手の井上あずみさん、ゆーゆさん親子によるクリスマスファミリーコンサートが開催。井上さんの代表作、『となりのトトロ』のオープニングテーマ「さんぽ」、『天空の城ラピュタ』のエンディングテーマ「君をのせて」をはじめ、クリスマスの定番ソングやオリジナルクリスマスソングなどが披露され、大盛況となった。また井上さんによる『ピーターラビットのおはなし』の読み聞かせがあり、その内容に関するクイズが出され、正解した子どもたちにはピーターとの握手やグッズがプレゼントされた。コンサートの最後には、青桐幼稚園の園児たちがステージに上がり、井上さん、ゆーゆさんと一緒に「となりのトトロ」を大合唱して幕を閉じた。
 翌18日には開館10周年記念講演として、立教大学名誉教授であり、軽井沢絵本の森美術館ムーゼの森名誉顧問を務める吉田新一氏と本学文学部英米文学科河野芳英教授による講演会が行われた。それぞれ「『こぶたのロビンソンのおはなし』を愉しむ」、「大東文化大学ビアトリクス・ポター™資料館10周年の歩み」と題し、全く異なる観点からビアトリクス・ポターや彼女の作品についてが講じられた。来場したビアトリクス・ポターファン、ピーターラビット・ファンの方々も大満足の講演会であった。
 2日間で数多くの方が来場し、ビアトリクス・ポター生誕150周年、また資料館開館10周年である今年にふさわしく、華やかで、盛大なクリスマスイベントとなった。

 

このページのTOPへこのページのTOPへ