大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ニュース お知らせ

2017年04月27日

平成29年度 大東文化大学授業料減免の実施について

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

本学は、「大東文化大学授業料減免規程」に基づき、経済的理由により就学が困難な学生に対して授業料の減免を実施します。
授業料の減免を希望する者は、事前に申請の要件を確認の上、必ず説明会に参加してください。
※教育実習等のやむを得ない理由で説明会に参加できない場合は、事前に申し出てください。
 

1.説明会 日時・会場

どちらのキャンパスに参加してもかまいません。都合の良い日時に参加してください。

(所要時間は30分程度です。昼休みについては、食事をとりながらの参加が可能です。)


(1)東松山キャンパス
     平成29年5月30日(火) ①12時35分~ ②16時45分~ (時間厳守)

     場所:60周年記念講堂
(2)板橋キャンパス
     平成29年6月2日(金) ①12時35分~ ②16時45分~ (時間厳守)

     場所:1号館 1-0102教室
 

2.減免額および採用人数

(1)学部 ①在学する学科の授業料全額 40名以内
                ②在学する学科の授業料半額 80名以内
(2)大学院 ①在学する研究科の授業料全額 5名以内
                   ②在学する研究科の授業料半額 10名以内
 

3.申請の要件

(A-1)から(A-4)の要件を全て満たすもの、または(B)と認められるもの
(A-1)本学の学部および大学院に在学する正規の学生
(A-2)同一生計家族の総所得が、下記の「所得の条件」を満たすもの
(A-3)就学継続意志のあるもの
(A-4)下記4.の「単位修得条件」を満たすもの

(B)独立生計者の学生および大学院生で、申請の諸条件相当と認められるもの

 

※下記のいずれかに該当する場合は、申請はできません
(1)聴講生、科目等履修生、委託研修生、研究生および交流学生
(2)法務研究科学生及び外国人留学生
(3)留年生
(4)最短修業年限を超えているもの(ただし、留学中の期間および休学の期間は除く)

4.単位修得条件

 平成29年4月の時点で下記の単位修得条件を満たすもの(卒業要件にかかる単位のみを修得単位とします。)

区分 学 年 条  件
学部 1年生 履修登録済みの者
2年生 1年生の修得単位数が 30単位以上の者
3年生 2年生までの修得単位数が 60単位以上の者
4年生 3年生までの修得単位数が 90単位以上の者
大学院 修士・博士前期1年生 履修登録済みの者
修士・博士前期2年生 標準修業年限内に所定の単位数を修得できる見込みの者
博士後期・1年生 履修登録済みの者
博士後期・2年生 標準修業年限内に所定の単位数を修得できる見込みの者
博士後期・3年生 標準修業年限内に所定の単位数を修得できる見込みの者

5.所得の条件 

 平成28年1月より12月までの1年間、同一生計家族の総所得が下記の条件に該当するもの     
  (1)給与所得者の年間総所得(税込収入)が、400万円以下のもの     
  (2)事業所得者の年間総所得が、218万円以下のもの     
      

【 学生支援センター事務室 】
 

このページのTOPへこのページのTOPへ