大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース お知らせ

2018年04月06日

山崎製パンと本学がコラボ -- 運動前後に必要な栄養を摂取できるパンを開発

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

本学は、山崎製パン株式会社と共同で「アーモンド入りバナナ&ホイップパン(プロテイン配合)」と「ベーコン&キャベツパン」を開発した。これは、スポーツ前後のエネルギー補給や疲労回復など、スポーツ・健康科学部の学生らによる体をサポートしてくれる栄養面に秀でたパンを作りたいとの思いから誕生したもの。学生や教職員から寄せられたアイデア50品から決定した。

今回のパンは「スポーツに関わる全ての人・エネルギーチャージをしたい人」をターゲットに、運動後に必要な栄養素である「たんぱく質・炭水化物・糖質」を摂取できるよう開発。たんぱく質と炭水化物を同時に摂取することで、筋力のパワーアップにも繋がるようになっている。

概要

販売期間は2018年4月1日から4月30日まで。

東北全県、新潟、関東全域、長野、静岡の各県で販売される。

 

 

アーモンド入りバナナ&ホイップパン(プロテイン配合)商品説明

たんぱく質を添加したオレンジ色の生地に、アーモンド入りのバナナフィリングを包み焼き上げホイップを注入した製品。
 

ベーコン&キャベツパン 商品説明

ほうれん草風味の生地に、ベーコン入りのキャベツと豚味噌フィリングを包み焼き上げた製品。

開発に携わった学生の話

この企画を通して、人間と食の関わりの深さを改めて実感しました。パンという手軽に口に運ぶことができる食品に、いかにオリジナリティーを加えられるかを常に考え、話し合いを重ねました。

「身体が喜ぶパン」をテーマにスポーツ関連の学科ならではの知識を踏まえつつ完成したパンは、「ガッツリ系」と「スイーツ系」の2種類の展開になっています。

どちらも栄養満点で、手に取りやすい優しい色味のパッケージにも注目してほしい。私たちの思いが詰まったパンが、少しでも多くの人たちの元へ渡ることを願っています。

このページのTOPへこのページのTOPへ