大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース お知らせ

2018年07月09日

【DaitoEducation PLUS】2017年度の振り返りワークショップが行われる

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

6月30日、「DE+カイゼンミッション!」と題し、2017年度のDaitoEducation PLUS(以下DE+)活動の振り返りワークショップが行われました。

参加者の学生は架空のコンサルティング会社社員として、資料の読み込みやヒアリングを通じてDE+プロジェクトの改善案を話し合いました。

各プロジェクトの資料を読み込むことで、客観的に活動を振り返ると同時に、活発な意見交換が行われました。

すでに始動している2018年度のプロジェクトでのさらなる活躍が期待されます。

 

≪DaitoEducation PLUS とは≫

「大東文化を元気にする学生リーダー育成プログラム」を受講した学生からなる、学生の自主的な活動を促し、課題解決能力やリーダーシップを育む学生団体です。

「学生がつくる大学」を目指し、正課で専門領域の知識や一般教養を習得するのに加えて、学内外におけるイベント運営やボランティア活動をつうじて、大東文化大学を元気にし、社会で活躍する大東人を目指す学生を育成しています。

 

◆2017年度にDE+が企画を担当したイベントは次のとおり。

・TOKYO2020キックオフイベント~オリンピック・パラリンピックを考える~

・新人アスリートセミナー

・2018年度入学式

・フレンドシップウォーク

・ビブリオバトル

 

※なお、DE+の活動は本HP特設ページ「大東生の自信につながる3つの取り組み」(http://www.daito.ac.jp/efforts/)でも情報をまとめて発信しています。

このページのTOPへこのページのTOPへ