大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース お知らせ

2018年08月21日

【テコンドー】卒業生の鈴木セルヒオさんが第18回アジア競技大会において銅メダル獲得

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 ジャカルタで開催中の4年に一度の国際総合競技大会「第18回アジア競技大会」にて本学卒業の鈴木セルヒオさん(2016年度国際関係卒)が8月20日、テコンドー競技男子58kg級に出場、第3位に入賞し、銅メダルを獲得した。


 同大会の日本選手男子のメダル獲得は、前回(2014年/仁川)大会での、同じく男子58㎏級で銅メダルを獲得した山田勇磨(2015年度国際文化卒)に続くメダル獲得となった。

 

 

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン) テコンドー競技

 

8月20日(月)男子58㎏級 鈴木セルヒオ(第4シード/世界ランク22位)


1回戦 シード
2回戦 ○50-28 対 ラオス
準々決勝 ○22-8 対 サウジアラビア
準決勝 ●11-24 対 韓国(世界ランク1位)
※韓国選手は優勝(同大会2連覇)

 

鈴木は第4シードで2回戦から登場し、初戦のラオス選手を50-28で圧倒、準々決勝に進んだ。
準々決勝開始直前に、有効打を判定する防具の電子センサーシステムに不具合が発生し、数試合が中断、開始時間が遅れるというアクシデントにも冷静に対処し、準々決勝にも快勝、準決勝に進出した。世界選手権を3連覇している韓国選手(世界ランク1位)との準決勝では、第3ラウンドに追い上げを見せるも、力及ばす敗退、銅メダルを獲得した。

鈴木選手コメント

銅メダルで悔しい気持ちが強いが、少しでも良い報告ができ、良かったと感じています。
総合競技大会でのメダル獲得は初めての経験なので、東京オリンピックに繋がる良い経験が
できたと実感しています。
次はもっと良い報告ができるよう、帰国後も大東文化大学で自分を更に高め、上を目指していきます。
卒業後もいつも応援していただき、本当にありがとうございます。

今後の競技予定

【テコンドー】

 本間政丞さん(ダイテックス/2017年度スポーツ科卒) 8/22 男子63㎏級予選・決勝
 山田美諭さん(城北信用金庫/2015年度英米文卒) 8/23 女子49㎏級予選・決勝

【カバディ】

阿部 哲朗さん(スポーツ科2年)  8/19~予選・ 8/23 準決勝・8/24 決勝

このページのTOPへこのページのTOPへ