大東文化大学東洋研究所大東文化大学東洋研究所

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

宇野雪村文庫

宇野雪村文庫「拓本展【一】」

宇野雪村文庫から貴重な拓本資料を年間通して公開

書道研究所・年間特別企画 宇野雪村文庫 拓本展―【一】―中国書道史上に佇む、名蹟の痕跡。―

企画趣旨

宇野雪村先生は、永らく本学の書の要職にあられ、本学の書の発展に寄与され、大東の書の大きな礎を築かれました。また一方では、日本書壇の重鎮として日本の書文化の構築にも大いに貢献され、併せて金石資料・拓本類や文房四法等の名蹟の収蔵家・研究者としても、その功績は多大なものがありました。(平成7年他界)

永年に亘る本学との深いご縁ということもあり、平成9年にご子息の宇野公容様から、先生が愛蔵された拓本類(冊500余冊・整本1,000余点)を、将来に亘って本学に保存され、本学で書を学ぶ学生や書の研究者、または一般の書の愛好者の研究資料として活用されることの願いを受けて、『宇野雪村文庫』の誕生の運びとなり、平成16年2月には、その成果として一端としての『宇野雪村文庫拓本目録』を作成することができました。この数年に亘る整理作業は、先生の高弟であり書道研究所専任研究員玉村清司(霽山)教授の手によるものであります。

よって、拓本関係の分類及びデータベース化も整ったことから、ここに『宇野雪村文庫拓本目録』の中から選りすぐった貴重な拓本資料を、年間特別企画の第一段として、以下の要領で一般に公開する運びとなりましたので、是非ご高覧賜りますよう、ここにご案内申し上げます。

開催期間

平成18年6月3日(土)~6月30日(金)まで

企画趣旨

板橋校舎3号館3階ギャラリー

  • 大東書道
  • 書道テキスト
  • ギャラリーと書道教室の利用について
  • 芸術新聞社
  • 東日本大震災「雄勝硯」復興支援プロジェクト
このページのTOPへこのページのTOPへ