大東文化大学語学教育研究所大東文化大学語学教育研究所

メニュー

語学教育研究所 メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

刊行物

第22号(2005年)

前のページに戻る

目次

巻頭言
柏木 成章

語学教育研究所創立20周年記念特別寄稿論文

「把構文」と「被構文」に用いられる 「給」の意味と論理
松村文芳 1

教室内英語習得の機能
米山朝二 37

論文

性質を表す“会”について ――“要”句との比較
小栗山 恵  55

浅淡現代日語時体研究
王 学群  75

“V上”の意味解釈 ――心理的側面を中心に――
大島吉郎  111

漢語字母詞研究
賀 国偉 133

“走過来”“走過去”の“過”について
髙橋弥守彦 157

論顔回成名的原因
丁 啓陣 189

スピーキング系英語授業3ケ月間の教育的効果検証
小室 俊明 199

一般的な3人称代名詞に関する現代における選択
サイモン・コール 215

文法指導とReading
髙棹 聰子 239

日本人英語学習者の発話におけるサイレントポーズ・フィラーが流暢さの評価に与えた影響
野口富美恵 263

英字新聞の見出しはむずかしいか
松浦 明  283

彙報

平成16年度語学教育研究所彙報 303

  • 語学教育研究論叢
  • 語学教育フォーラム
  • 語学教育研究所所報
このページのTOPへこのページのTOPへ