大東文化大学語学教育研究所大東文化大学語学教育研究所

メニュー

語学教育研究所 メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

刊行物

第23号(2006年)

前のページに戻る

目次

巻頭言
寺村政男

論文

時間副詞について
高橋 弥守彦  1

構造助詞“地”の解釈をめぐって ――「様態化接辞」説――
大島 吉郎  21

非対格化と中国語の4つの言語現象 ――遊離数量詞、受身、結果複合動詞、“V”存在文――
山口 直人  37

試論中国語的写作教学
袋 弌叫 49

中国語の“怎麼”の意味区分と構文上の特徴について
劉 素英 61

Teaching Intercultural Communication in Japan: An Original Source-Readings Approach
Steven G. MORGAN 79
(文学作品を用いた異文化コミュニケーション教授法
スティーブン・G・モーガン 79)

カタカナ外来語研究
松浦 明 97

Interactive Lessons with Large Classes
Alan HAUK 115
(大人数クラスにおける双方向授業のあり方
アラン・ハウク 115)

マス・メディアを援用する辞書なし長文英文速読力強化法 ――大学生に相応しい時事知識のビルドアップを目指して――
小林 裕子 131

A Study on ESP in Academic Settings
DAITO Mari 151
(専門教育を支援する大学英語について ―― ESPの実践例からの一考察 ――
大東 真理 151)

レバ条件文における文脈的機能 ―― 論理関係と接末・文末表現に注目して――
田中 寛 167

現代モンゴル語文法の語学教育学的一考察 ――付属語接尾法を中心として――
吉野 耕造 191

現代ヘブライ語における歴史的シュワーのゆれ
福盛 貴弘 215

芥川『支那嗄芝』における<英雄>・<豪傑>
林 嵐 235

The Japanese Way of Tea as a Way of Communication
―― An Introduction on the Theory of Commucative Network Analysis ――
Chantal M. WEBER 243
(コミュニケーション手段としての茶道 ―― コミュニケーションのネットワーク分析の紹介――
C.M.ウェバー 243)

Some Notes on Ō Shōkun Legend
Maria Chiara MIGLIORE 261
(王昭君説話について
M.C.ミリオーレ 261)

彙報

平成17年度語学教育研究所彙報 277

  • 語学教育研究論叢
  • 語学教育フォーラム
  • 語学教育研究所所報
このページのTOPへこのページのTOPへ