グローバルナビゲーション


パン屑リンク


研究部会


ここから本文です

「共同研究班」の研究テーマ、研究班代表者(所属)、研究員数は次の通りです。

平成23年4月1日から平成25年3月31日

古筆手鑑の研究
代表者
:髙城弘一(書道学科)
研究員数
:4名(専任1・兼任3)
『三国志』の研究
代表者
:渡邉義浩(中国学科)
研究員数
:4名(専任1・兼任3)
西周青銅器銘文研究
代表者
:吉田篤志(中国学科)
研究員数
:6名(専任2・兼任4)
中国出土景教文献についての研究
代表者
:山口謠司(中国学科)
研究員数
:2名(専任2






平成22年4月1日から平成24年3月31日

古筆手鑑の研究
代表者
:髙城弘一(書道学科)
研究員数
:4名(専任1・兼任3)
『三国志』の研究
代表者
:渡邉義浩(中国学科)
研究員数
:4名(専任1・兼任3)
西周青銅器銘文研究
代表者
:吉田篤志(中国学科)
研究員数
:6名(専任2・兼任4)
中国出土景教文献についての研究
代表者
:山口謠司(中国学科)
研究員数
:2名(専任2






平成21年4月1日から平成23年3月31日

日本近代文学・再読
代表者
:下山嬢子(日本文学科)
研究員数
:5名(専任1・兼任4)
魏晋南北朝隋唐時代の注釈学研究
代表者
:三浦國雄(中国学科)
研究員数
:5名(専任2・兼任3)
伝説と史実-武蔵地域を中心とした古代・中世東国史の再検討-
代表者
:宮瀧友二(英米文学科)
研究員数
:3名(専任3)
「中国美学研究」から「中国美学」研究へ
代表者
:河内利治(書道学科)
研究員数
:5名(専任2・兼任3)
コミュニティ教育学の展望をひらく
「コミュニティ教育学研究」
代表者
:上野正道(教育学科)
研究員数
:8名(専任4・兼任4)
上海博楚簡の新研究
代表者
:池田知久(中国学科)
研究員数
:11名(専任1・兼任10)
「大東」考素描 ―「東方大国」としての「大東」を軸に
代表者
:尾花清(教育学科)
研究員数
:3名(専任1・兼任2)

平成20年4月1日~平成22年3月31日

諸相を呈した古筆切の研究
代表者
:髙城弘一(書道学科)
研究員数
:4名(専任1・兼任3)
「西周青銅器銘文研究」 班報告附:西周時代の晋侯
代表者
:吉田篤志
研究員数
:6名
松川二郎のビアトリクス・ポター作品解釈について
代表者
:河野芳英
研究員数
:3名
『万葉集』現行注釈書の比較研究
代表者
:山口敦史(日本文学科)
研究員数
:6名(専任2・兼任4)


このページに関連する情報


パン屑リンク