大東文化大学東洋研究所大東文化大学東洋研究所

メニュー

東洋研究所 メインメニュー

メニューを閉じる

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

2005(平成17)年度の共同研究部会

東洋研究所専任研究員
兼担研究員=本学の学部に本務を持つ研究員
兼任研究員=本学外の専門研究者
特別兼任研究員=本研究所が特に必要と認めた兼任研究員以外の学外研究者

第1班

課題
東洋における異文化の本質的相違性に関する研究
期間
2004~2006年度
概要
今日の複雑な社会情勢を眺める人は、多様な価値観の存在を相互に認め合うことの必要性を痛感するであろう。地球という有限な環境の中で、多くの生命が共存する社会の在り方が模索されねばならない。本共同研究は、こうした「共生社会」の創造を視野において、東洋における異文化および東西文化に見られる相違性を抽出することを目指している。異文化の根底にある相違性が認識されれば、相互理解への途も開けてくるであろう。21世紀における新しい社会の創造を探求して先駆的な研究を進めていきたい。
メンバー
  • 専任研究員:松本照敬(主任)・福田俊昭・兵頭徹・山田準・岡崎邦彦・小林春樹
  • 兼担研究員:中村昭雄・片岡弘次・田辺清・新里孝一・大杉由香
  • 兼任研究員:広井大三・多田博一

第2班

課題
史的にみた中国の対少数民族政策と少数民族の伝統的社会
期間
2005~2007年度
概要
今日の中国は、漢民族を主体とする多民族国家であるが国内政治において漢民族の対少数民族関係がもつ意義は大きい。漢民族と少数民族との関係は長い歴史を通じて形成されたものであり、過去において両者のあいだにはどのような関係があり、漢民族は少数民族に対してどのような政策をとってきたか、また少数明独の側の伝統的な文化や社会組織はどのようなものであったか、などの点について実証的に研究を行う。
メンバー
  • 兼担研究員:岡田宏二(主任)・村井信幸
  • 兼任研究員:加治明・谷口房男・由川稔

第3班

課題
「中国社会主義と改革・開放」の総合的研究
期間
2004~2005年度
概要
中国人民共和国は、外に対する「救亡」と内に対する「民主」の課題を担った人民革命により創設され、毛沢東の指導の下で、米ソの圧力に抗して人民戦争態勢を取り、ソ連型国家社会主義の骨組みと中国型大衆路線の方法を結合して経済建設を進めた。1978年末以来鄧小平の指導の下で、世界戦争時代から世界経済時代への変化に適応して、改革・開放政策を実行し、共産党の指導を核とする社会主義の枠を守りながら、計画経済から市場経済へ、集権政治から民主政治への移行に取り組んできた。中国のこの実験が成功するかどうかについて、政治・経済・文化の各方面から総合的に研究して問題点を解明したい。
メンバー
  • 専任研究員:岡崎邦彦(主任)
  • 兼担研究員:内田知行・柴田善雅
  • 兼任研究員:安藤正士・伊藤一彦・小島麗逸・近藤邦康・富山栄吉・中島宏・丸尾常喜

第4班

課題
アジア太平洋地域の戦後史研究
期間
2002~2005年度
概要
アジア太平洋地域の戦後史研究に取り組む。その一環として、戦後アジアの特色ある政治リーダーたちの研究に取り組み、そのリーダーたちに軌跡と行動を通じて、アジア各国の民主主義の発展段階を分析する。また、民主主義の発展と経済成長との相関関係について、比較研究する。
メンバー
  • 専任研究員:岡崎邦彦(主任)
  • 兼担研究員:近藤正臣・篠永宣孝・永野慎一郎・渡部茂・中村宗悦・劉甦朝・和田守・内藤二郎
  • 兼担研究員:浦野起央・中島宏・由川稔・上野英詞

第5班

課題
昭和社会経済史料集成
期間
2005~2007年度
概要
本研究班では、第I期の「海軍省資料」に引き続き、第II期として「昭和研究会資料」の刊行に着手した。平成17年度以降は、「昭和研究会資料」の分類と細部にわたる検討をすすめ、順次公刊していく予定である。なお、昭和研究会は後藤隆之助主宰のもと、昭和8年に発足した民間国策研究機関であるが、従来、資料の公刊はなされておらず、その活動の全容を窺い知ることが困難であった。
メンバー
  • 専任研究員:兵頭徹(主任)
  • 兼任研究員:大久保達正・永田元也

第6班

課題
日中文学の比較文学的研究ー『藝丸類聚』を中心にしてー
期間
2005~2007年度
概要
本邦に伝来する最古の現存類書の『藝丸類聚』は我が国の古典文学に多大の影響を与えていることは周知の事実である。それが今日に至るまで雑家の書として等閑視されてきた嫌いがある。それ故、未読解の本書を訓読して、原典との校勘、典拠の解明、索引の作成をすることは、単に国文学への影響のみならず、類書学上においても大いに貢献するものであると考える。その研究成果を逐年刊行して今日に及んでおり、斯学の教科を得ている。
メンバー
  • 専任研究員:福田俊昭(主任)
  • 兼担研究員:藏中しのぶ・中林史朗・成田守・浜口俊裕・日吉盛幸
  • 兼任研究員:芦川敏彦・遠藤光正・進藤英幸

第7班

課題
大西洋世界とインド洋=太平洋を結ぶもの:西欧植民地主義再考
期間
2005~2007年度
概要
西欧植民地主義の成立、発展、機能、思想的背景については数多くの研究がなされてきた。これら西欧植民地主義の歴史研究は、ヨーロッパと新大陸つまり大西洋世界、ヨーロッパと旧大陸つまりインド洋=太平洋世界を対象とし、それとは別に植民地宗主国の歴史研究が存在した。これら大西洋世界における西洋植民地主義の歴史研究からは太平洋世界における植民地主義が見えてこない。逆にインド洋=太平洋世界における西欧植民地主義の歴史研究からは、大西洋世界の植民地主義は見えてこない。このように三大研究対象を比較統合した研究にはなかなか行き当たらない。
そこでこの研究班では、大西洋世界、植民地宗主国、インド洋=太平洋世界の三大地域を結ぶ紐帯としての植民地主義の機能を明らかにすることを目的として、いくつかの個別的研究を分担して実施しようとするものである。
メンバー
  • 専任研究員:山田準(主任)
  • 兼担研究員:瓜生洋一・岡倉登志・中堂幸政
  • 兼任研究員:生田滋

第8班

課題
中国、日本の天文・暦学に関する総合的研究
期間
2004~2006年度
概要
京都府立総合資料館蔵、若杉家文書、第83号「日月異卜記」の購読・訳注作業を継続し、その成果を2006年度に刊行するべく、鋭意努力する。また、個々の研究員は上記作業に伴って得られた成果、あるいは独自の問題意識に支えられた研究とその成果などを『東洋研究』誌に積極的に発表する。
メンバー
  • 専任研究員:小林春樹(主任)
  • 兼担研究員:渡邉義浩
  • 兼任研究員:大谷光男・栗原圭介・小坂眞二・小林龍彦・近藤正則・中村士・濱久雄・山下克明

第9班

課題
和漢比較文学の研究ー『翰林学士集』を中心にして
期間
2004~2006年度
概要
『翰林学士集』は名刹眞福寺宝生院に所蔵される国宝で、中国では佚亡し、我が国にのみ残巻を有する天下の孤本である。本書の研究はまだ緒に着いたばかりで、訓読は勿論のこと、注釈書さえない。この研究班が先鞭となるべく、本部員の翻刻を始め、校異、訓読、語釈、現代語訳を行い、考説・参考などを加えて刊行することを目標とする。これが日本文学の研究の一助になれば幸甚である。
メンバー
  • 専任研究員:福田俊昭(主任)
  • 兼担研究員:藏中しのぶ
  • 兼任研究員:蔵中進
  • 機関誌 東洋研究
  • 図書館
このページのTOPへこのページのTOPへ