大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

研究推進 その他研究助成

2018年03月12日

2019(平成31)年度 特別研究期間制度(サバティカル)・国内研究員・海外研究員・海外留学者の申請について

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

2019(平成31)年度適用者の募集を開始します。

申請手続き

申請にあたっては、種別の関連規則を必ずご一読下さい。

申請を希望する旨を所属する学部の事務室等へ申し出、各教授会等で承認を受けて下さい。
同時に、下段より申請書類フォーマットをダウンロードし、記入の上所属の学部事務室等へご提出下さい。

申請期限

2018(平成30)年5月末日までに、所属する学部の教授会等で承認を得ること。

申請条件・規則等
種別
年齢の制限
(申請年度の4月1日時点)
在籍期間の条件
(申請年度の4月1日時点)
再派遣の制限
(適用年度の4月1日時点)
規則
特別研究期間制度
(サバティカル)
70歳定年適用者:満67歳以下

65歳定年適用者:満62歳以下
専任教員として
満10年以上在籍

●前回の長期海外研究員・長期の海外留学者又は6ヶ月を超える国内研究員終了から8年経過していること

●前回の短期海外研究員・短期の海外留学者又は6ヶ月以内の国内研究員終了から5年経過していること

大東文化大学特別研究期間制度規程(平成30年4月1日改正)
国内研究員
専任教員として
満3年以上在籍

●前回の長期海外研究員・長期の海外留学者又は6カ月を超える国内研究員もしくは特別研究期間制度の終了から8年経過していること

●前回の短期海外研究員・短期の海外留学者又は6カ月以内の国内研究員終了から5年経過していること

大東文化大学国内研究員規則(平成30年4月1日改正),
大東文化大学国内研究員規則施行細則(平成26年4月1日改正)
海外研究員
(長期・短期)
専任教員として
満3年以上在籍
大東文化大学海外研究員派遣規則(平成30年4月1日施行)

※海外留学者についてはこちらのページをご確認ください。

申請書類フォーマット
お問い合わせ先

特別研究期間制度、国内研究員については・・・学務部学務課
海外研究員、海外留学者については・・・国際交流センター

このページのTOPへこのページのTOPへ