大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

卒業生からの応援メッセージ

Daito Voice卒業生からの応援メッセージ

勤務地:大東文化大学第一高等学校/教科:国語

古賀 陽子さん

色々なことに挑戦したり様々な人と関わりを持ったりしてみてください。

Q.教員を目指した理由は?今はどうですか?

小さい頃から教員の仕事を頑張っている両親の姿を見ており、大変なこともあると知っていましたが私も両親のような教員になりたいと思ったからです。  実際に教員として働くようになり、大変なこともありますが生徒との交流は楽しく、充実した日々を送っています。授業やHR、部活などその場面によって活躍する生徒が変わるのも面白さのひとつです。生徒の頑張る姿を見ることができるのは嬉しいことです。生徒から信頼してもらえるように、しっかりと授業も生徒指導もできる教員を目指し、これからも努力し続けたいです。

Q.大学(教職関係の講義や教育実習等)で学んだことは?

夏休みや春休みには教職講座を受けていました。そこでは教員採用試験に必要な知識を学び、また同じ夢に向かって頑張る仲間とも出会うことができました。教育実習事前指導ではHRや授業経営についてのポイントなどを学び、教育実習に臨む姿勢や意欲を再度見直すことができました。教育実習では、勉強不足を痛感し、さらに対人(対生徒)の仕事の難しさを実感しました。机上で学んだものは頭で理解できていたとしても実際に動けるかどうかは頑張り次第で、積極的に動いていく必要があると感じました。大学で学んだこと・経験したことは教員として働いている今でも参考となることばかりです。

Q.今、教員を目指している学生へのメッセージ!

教員を目指して勉強に励んでいるみなさん、今の努力は教員になったときの原動力になります。必要なのは教科の勉強だけではありません。教員の仕事は対人間なので同じ生徒と接していたとしても毎日同じという日はありません。臨機応変に対応できる力も必要です。日常の生活の中にも教員としての資質を磨ける場があるので、色々なことに挑戦したり様々な人と関わりを持ったりしてみてください。といっても教科の勉強も忘れないでください。みなさんが教員の職に就けることを願っています。

このページのTOPへこのページのTOPへ