大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:新潟県/校種:中学校/教科:国語

江口 元さん

教職に関する知識をたくさん身につけることができます。

Q.教員を目指している理由は?

私が教員という仕事に興味を持ったのは小学校6年生の時でした。その時は自分たちのために日々奮闘する先生達の姿を見て、何となく興味を持っていただけでした。中学生になると親身になって話を聞いてくれる先生、時間を惜しんで指導する先生方に支えられて成長できたことを実感しました。この経験があり、私も教員としてこれから成長していく子どもたちの力になりたいと思い、教員という仕事を目指しています。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

教職セミナーや合宿は勉強できる環境が整っています。勉強をしていて困った時があっても、専門的な知識が豊富な先生方が近くにいてくださるので、すぐに解決することができます。また、一人で勉強していても気づくことができない情報を提供してくださるので、特に試験前はすごく助かりました。勉強以外でも、教育実習直前には板書練習や教材研究の指導をして頂けるなど、教職に関する知識をたくさん身につけることができます。

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人への一言アドバイス!

最初はどんな勉強をすれば良いのかわからなかったので、自分が受ける自治体の過去問を分析しました。教職教養は法律などの問題が多いので最初は難しく感じますが、仕組みがわかれば簡単です。自分が受ける教科である専門教養は、配点も高く、難しいです。国語を受ける私は常識的な知識から古典の能力をつけるための勉強や、評論文の構造を捉える勉強をしました。継続して勉強するためにリラックスしてストレスを感じないようにすることが大切です。

このページのTOPへこのページのTOPへ