大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:さいたま市/校種:小学校/教科:全科

岩崎 千春さん

教職セミナーの勉強会や合宿を通して、多くの素晴らしい仲間ができました。

Q.教員を目指している理由は?

恩師の先生への憧れが一番大きな理由です。自分も厳しさの裏に愛のある指導ができる教師になりたいと思っています。また、ゼミの活動や実習で出会った子どもたちのきらきらと輝く目に魅了されたことも一つの理由です。私は、子どもは皆平等に可能性に満ち溢れていると思います。教師とは、そんな子どもたちと同じ瞬間に同じ方向を見つめ、考え、共に成長していける素敵な仕事だと考えています。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

教職セミナーの勉強会や合宿を通して、私には多くの素晴らしい仲間ができました。学科や受験する校種を越えて励まし合い、時にライバルとして刺激し合えるのが大東の強みだと感じています。また、何よりも教職セミナーの職員の皆様や先生方に心から感謝しています。自分の周りにはこんなにも支えてくださる人たちがいるのだと知り、とても心強かったです。右も左もわからなかったあの頃の私をここまで導き、最後まで信じて下さり、本当にありがとうございました。

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人への一言アドバイス!

まずは一般教養と小学校全科の苦手教科から取り組みました。また、教職教養も平行して取り組みましたが、こちらはかなり苦戦しました。どの分野においても、苦手なものをそのままにしておかないことをおすすめします。私は、わからないことがあればすぐにセミナーの先生に質問していました。これから始まる勉強に不安を抱えている人も多いと思いますが、一人で戦うつもりにならず、友達と遊ぶなどして息抜きをしながら頑張って下さい。

このページのTOPへこのページのTOPへ