大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:千葉県・千葉市/校種:中高/教科:社会科

勝倉 健太さん

同じ目標に向かって頑張る仲間と一緒に勉強ができ、心の支えにもなりました。

Q.教員を目指している理由は?

私が教員を本格的に目指し始めたのは大学3年生になった頃からです。教職の講義で教員の考え方・やり方次第で面白い授業が展開できると気づきました。面白い授業を展開して子どもたちに新しい考え方や見方を教えたいと思っています。また、現代教育が抱える問題点や教育の可能性を知ることができした。このような問題点をひとつひとつ解決し、教育の可能性を広げたいと思い教員を目指しています。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

教職セミナー合宿には参加していません。しかし、板橋校舎で行われている教職セミナーには3年の2月から通い始めました。初めは、同じ教科の友達としか関わりがありませんでしたが、毎日通うことで違う校種や他教科の学生と知り合うことができました。その結果、自分の校種・教科とは違う視点や考え方に触れることができ、自分の視野が広がりました。また、同じ目標に向かって頑張る仲間と一緒に勉強ができるため心の支えにもなりました。

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人への一言アドバイス!

私は家で勉強ができる環境ではなかったので、毎日大学に通いました。大学に行けば勉強をやる以外目的がないので、自分にあった問題集(センター試験用)を繰り返し解きました。休憩時間は自分の教育観を養うために他校種・他教科の友達と教育について話すようにしました。
これから教員を目指す方は「なぜ教員になりたいのか」自分と向き合って考えてみてください。その答えが、志望動機になり面接対策にもなります。また、辛いときには自分自身の支えとなります。

このページのTOPへこのページのTOPへ