大東文化大学 教職課程センター/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 教職課程センター

メニュー

Language

メニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

先輩の声

Daito Voice先輩の声

受験地:東京都/校種:中学・高校共通/教科:保健体育

黒岩 唯さん

先生方の現場でのお話を聞き、授業では教えてもらえない教師という職業の魅力に気づくこともできました。

Q.教員を目指している理由は?

中学生の頃からずっと部活動を続けてきて、尊敬できる顧問と出会ったことがきっかけです。どちらの先生も生徒のために学び続け、悩んだ時には一緒に考えてくれました。大学入学当初は陸上部の顧問をしたいから先生になりたい!という理由だったのですが、教職について学んでいくにつれて考えは変わりました。今は、中学・高校という人生の中でも大きな成長を遂げると時にそばにいて支援することができる教師という職業に大きな魅力を感じ、目指すことを決めました。

Q.教職セミナーや教職セミナー合宿に参加してどうでしたか?

先生方が紹介してくれる新聞記事や資料等に目を通し、自分なりに考えたり仲間と話したりすると教育についての知識や考えが深まりました。また、先生方の現場でのお話を聞き、授業では教えてもらえない教師という職業の魅力に気づくこともできました。
合宿は、受験地や校種、教科は違っても、教師を目指す仲間と共に勉強できる機会であり、刺激を受けました。また、仲間が多くいることは励みにもなりました。集団討論等の練習を通していろんな意見を聞くことができ、自分の考えをより深めることにもつながりました。

Q.どんな教員採用試験の勉強をしてきましたか?これから教員を目指す人への一言アドバイス!

私はまず、受験地を決めました。東京都出身ではありませんが、東京都の教育に魅力を感じ受験することを決めました。受験内容は都道府県市によって全く違うので、過去問やHPを見て調べました。勉強を始めた頃は、空き時間ができたらとりあえず勉強部屋に行くことを意識しました。新しい資料に目を通したり、勉強している仲間を見て焦って勉強することも必要だと思います。勉強の仕方は人それぞれです。他の人と違うから焦る必要はありません。自分を信じて、仲間を参考にして、頑張ってください。

このページのTOPへこのページのTOPへ