大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

経営学部からのお知らせ

2019年05月30日

【留学レポート①】Whatcom Community College(アメリカ/ワシントン州)

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

本学の奨学金留学制度を利用して2018年度に留学をした学生さんから留学についてお話してもらいました!

 

今回はアメリカ・ワシントン州にあるWhatcom Community Collegeに11ヶ月留学をした、経営学科3年・千葉龍太さんです。(※留学時は2年生)

留学前に渡航経験はありましたか?

ありませんでした。

留学するにあたり、不安はありましたか?

語学力と経済的なことについて不安がありました。

留学先にはどのくらい日本人がいましたか?また、どのような国の学生が多くいましたか?

語学学校では大半はアジア人が多く、中でも日本・中国・韓国・ベトナム・インドネシアが多いです。大学の授業では、アメリカ人はもちろんのこと、アジア・ヨーロッパなど様々な国の生徒がいました。

英語以外の科目を履修できるようになるまで、どれぐらいの期間かかりましたか?

全4クオーターを受けて、3クオーター目で英語以外の科目を取得できました。

留学を終えて、自分自身で変化・成長を感じられたことは何ですか?

英語のスピーキングとリスニング力はかなり成長したと思います。英語の映画を字幕なしで6~7割理解できるようになりました。その他の面では、人間性がはるかに成長しました。両親への感謝、友達の大切さ、将来の夢、コミュニケーションの取り方、外国人への対応、マナーなど多くのことを学び、成長へとつながりました。

留学をして一番良かったと思えることは何ですか?

1つに絞ることはとても難しいですが、家族に心から感謝をしていると思えることです。

留学をして一番大変だったことは何ですか?

人間関係です。日本人との人間関係が時にストレスを生むこともありました。アメリカへ来たからとはいえ、現地でできた日本人は貴重な存在で、多く関わりました。しかし、中には留学へ来ているのに楽しみを目的として、英語を学ぶことを疎かにする日本人がいます。なので、現地で関わる日本人を選ぶこともとても留学中では大切なことでした。

留学を考えている経営学部生へメッセージをどうぞ!!

留学は一生に一度できるかできないかの大きな経験です。また、留学へ行くなら、必ず1年以上の長期留学へ行ってください。タフで、苦しいことが沢山あるけれど、必ずあなたを変えます。そして、いざ留学へ行くとなったら、自分で英語力を上げるためにはどうしたらいいかを考え行動に移してください。そして、日本人以外の一番の親友を作ることです。最後に全力で留学生活を楽しむことです。

 

★千葉龍太さん、ありがとうございました!★

2020年度経営学部奨学金留学生募集!!

経営学部では、以下の日程で2020年度奨学金留学生を募集します。
興味のある方、海外留学に挑戦してみたい!という学生の積極的なご応募をお待ちしております!
詳細については、添付ファイルの募集要項またはDBポータルのキャビネットを確認してください。

 

<説明会>
東松山校舎:2019年6月 6日(木)昼休み 8号館1階8137教室
板橋校舎 :2019年6月11日(火)昼休み 3号館4階ビジネスゲームルーム

 

<申込期間>
2019年6月3日(月)~2019年6月20日(木)16:00まで

このページのTOPへこのページのTOPへ