大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

スポーツ・健康科学部からのお知らせ

2015年01月20日

スポーツ・健康科学部設立10周年記念 スポーツ・健康科学会 健康科学科主催講演会「スポーツ分野における臨床検査の重要性」行われる

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
岩原康こさん岩原康こさん

スポーツ・健康科学部設立10周年記念 スポーツ・健康科学会健康科学科主催講演会
「スポーツ分野における臨床検査の重要性」が1月10日、国立スポーツ科学センター(通称JISS)臨床検査技師 岩原康こ先生を招いて行われた。日本のトップアスリートに対しメディカルサポートが行われているJISSでの、臨床検査の業務について、わかりやすくご講演いただいた。
岩原さんが、臨床検査技師としてスポーツ科学分野に携わるきっかけとなった高校時代のボート部での経験や、現在関わるトップアスリートの健康管理の組織形態、その中で臨床検査技師としてのやりがいなどについてお話があった。最後に、スポーツ科学分野では現在多様な形で臨床検査が必要とされているとして、臨床検査技師が活躍できる進路について紹介された。

講師略歴
岩原 康こ(イワハラ ヤスコ)
1998年3月 東京医科歯科大学医学部保健衛生学科検査技術学専攻 卒業
2000年3月 筑波大学大学院体育研究科スポーツ健康科学専攻 修了
2000年5月 国立スポーツ科学センター設置準備室 着任
2001年4月 国立スポーツ科学センター
        スポーツ医学研究部(現メディカルセンター)配属
        現在に至る

講演の様子 講演の様子
このページのTOPへこのページのTOPへ