岡倉天心の旅路(10) 

受付終了

[ 講座概要 ]

天心をめぐる人々

岡倉天心は五十年間の人生の半分を国内外(奈良、京都、欧米、中国、インドなど)の旅で過ごし、多くの出会いをもち、他者から学ぶとともに、自己も日本文化を発信しました。

今回は東大時代におけるフェノロサ門下での牧野伸顯、嘉納治五郎、坪内逍遥、もちろんフェノロサ、モース、ビゲロウらとの出会いについて1876~90年を中心に検討します。

配付資料の他、2013年に刊行した『岡倉天心 思想と行動』、『曾祖父覚三 岡倉天心の実像』が主な参考文献となります。また天心は1902年10月に渋沢栄一とシンガポール―横浜間の船旅で親しく交流し、渋沢の長女の夫穂積陳重とは1904年にセントルイスで講演をしています。

講座コード 講座回数 定 員 受講料
(一般)
受講料
(本学学生)
003 全3回 15名 5,500円 4,500 円
講  座  名 講  師 日   程
岡倉天心の旅路(10)
天心をめぐる人々
岡倉 登志 水曜日 10:30~12:00
10月13日、27日
11月10日

岡倉 登志
大東文化大学名誉教授
横山大観記念館評議員

明治大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学 修士(文学)。専門はアフリカ(政治史)、帝国主義時代(明治時代)。著書に『二つの黒人帝国(新しい世界史6)』他。岡倉天心研究会(鵬の会)代表等で活動中。

大東文化大学ホームへ