書道 (隷書)

受付終了

[ 講座概要 ]

隷書に親しむ

隷書は、二千年以上の永きにわたって親しまれてきた書体です。

「大東文化大学」の筆文字のロゴマークも隷書です。他にも、新聞の題字や社名表記、街中の看板等、私達の身のまわりに隷書は意外と多く使用されています。

この講座では、まず隷書の基本用筆をしっかりと学び、「曹全碑」の臨書や作品制作をします。また、技法上達の一助となるよう、隷書に関する基礎知識について講義も行います。

初心者の方も大歓迎です。楽しく隷書を学びましょう!

【持ち物】 書道用具一式

※ ご希望の方には、講座初回に筆を販売します。

 

◆ 新型コロナウイルス感染症対策 (実習時のお願い)

  • 用具の貸出は一切行いません。
      (毛氈、下敷き、文鎮、硯はご自身でご用意ください)
  • ・ 教卓に透明パネルを設置いたしますので、
      添削の際は講師との距離を最低1m以上確保してください。
  • ・ 添削の際に、受講生の方同士が講師の周りに集まることはお控えください。

  以上、ご協力をお願いいたします。

講座コード 講座回数 定 員 受講料
(一般)
受講料
(本学学生)
021 全5回 10名 12,500円 10,000 円
講  座  名 講  師 日   程
書道 (隷書)
隷書に親しむ
亀田 絵里香(有鵬) 水曜日 10:30~12:00
9 月 29日
10月 6日、13日、20日、27日

亀田 絵里香(有鵬)
実践女子大学非常勤講師
日本大学文理学部非常勤講師

大東文化大学大学院文学研究科書道学専攻修士課程修了 文学研究科書道学専攻修士。専門は漢字の書(隷書)、亀田鵬齋研究。論文に「龜田鵬齋隷書考--『曹全碑』翻刻本跋を中心として」他。日展入選(第39・41・42・45回)。書学書道史学会幹事等で活動中。

大東文化大学ホームへ