絵と書のコラボレーション

受付終了

[ 講座概要 ]

中国には水墨画に詩句やことばを添えたものがたくさんあり、趙之謙や呉昌碩などの作品は多くの人たちに親しまれています。

この講座では中国の本格画法を承春先先生に学び、その苦心の自作に書を添えて完成させます。絵は「写意」や「工筆画」という画法によりますが、初歩の人にも参加できるカリキュラムで実施します。題材は草花や昆虫などで、私たちの生活になじみのある素材を小品にまとめていきます。

書は斎藤が担当いたします。 (斎藤)

【持ち物】
実習用具一式 (筆5種程度、墨、紙、小皿、顔料(12色)など)、木製パネル(B3サイズ)、
文鎮、硯、毛氈などの下敷き

※ ご希望の方には、講座初回に書道用具専門店による用具の斡旋販売をいたします。
※ 斎藤先生の指導は、全5回中、1回の予定です。

◆ 新型コロナウイルス感染症対策 (実習時のお願い)

  • 用具の貸出は一切行いません。
      (毛氈、下敷き、文鎮、硯はご自身でご用意ください)
  • ・ 教卓に透明パネルを設置いたしますので、
      添削の際は講師との距離を最低1m以上確保してください。
  • ・ 添削の際に、受講生の方同士が講師の周りに集まることはお控えください。

  以上、ご協力をお願いいたします。

講座コード 講座回数 定 員 受講料
(一般)
受講料
(本学学生)
028 全5回 10名 12,500円 10,000 円
講  座  名 講  師 日   程
絵と書のコラボレーション
承 春先
斎藤 蒼青
木曜日 10:00~11:30
10月 7日、14日、21日、28日
11月 4日

承 春先
大東文化大学文学部書道学科非常勤講師

筑波大学大学院芸術研究科(書専攻)修了 芸術学修士。専門は書学書道史。著書論文に『連綿についての一考察』他。日本書学書道史学会会員、月島書画会主宰他で活動中。

斎藤 蒼青
元大東文化大学文学部書道学科教授

大東文化大学中国文学科卒業。専門は漢字・漢字仮名交じり書。蒼の会主宰、月刊「書窓」主幹等で活動中。

大東文化大学ホームへ