大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

活躍する大東人

パブリシティ 新聞・雑誌

活躍する大東人に戻る

2019年09月30日

日本文学科 千葉一幹教授 書評「ローベルト・ゼーターラー著 浅井晶子訳『ある一生』」が掲載されました

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

2019年9月19日発行の週刊文春において、文学部日本文学科千葉一幹教授が『ある一生』(ローベルト・ゼーターラー著/浅井晶子訳)の書評を執筆し、掲載されました。

掲載紙

週刊文春

発行日

2019年9月19日

掲載教員

千葉 一幹教授

このページのTOPへこのページのTOPへ