大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

活躍する大東人

パブリシティ 新聞・雑誌

活躍する大東人に戻る

2020年10月13日

政治学科 藤井誠一郎准教授 コラム「コロナ禍でのごみ収集作業への市民の感謝が意味すること-清掃職員と市民との社会的つながり-」が掲載されました<労働の科学>

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

2020年9月1日発行の労働の科学75巻9号において、藤井誠一郎政治学科准教授の「コロナ禍でのごみ収集作業への市民の感謝が意味すること-清掃職員と市民との社会的つながり-」が掲載されました。

掲載紙

労働の科学75巻9号

発行日

2020年9月1日

掲載教員

藤井 誠一郎准教授

このページのTOPへこのページのTOPへ